FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
* サワディ~クラップ


■タイに居座り、東南アジア・中国・インド・トルコをも、
範疇に収めんと企む今日この頃のマサが発信するblog
1月25日から中国正月が始まる。これに依り、中国本土、台湾、香港をはじめ、テトという名前のお正月でもあるベトナムからも旅行者が増える季節である。
この機会に、タイの中国資本の動きなどを紹介する。
2009年と2019年の10年の対比してみよう。
1)タイにおけるタイ資本の流入 58億バーツ(2009年)が46億バーツ(2019年の第3四半期)2)タイから中国向け輸出 5488億バーツ(2009年)が8240億バーツ(2019年11月まで)
3)旅行者の落とす収入 231億バーツ(2009年)が5042億バーツ(2019年11月まで)となって、いかに増えたかがわかる。
4)中国から不動産投資 中国から見ると、タイは4番目に好まれる投資先である。2018年の数字であるが、23億USドル(タイバーツで換算して691億バーツ)2019年の最初の9か月のうち、外国人のコンドミニアムの所有者のうち57.6%が中国人であった。
P_20200118_103822_the market
[タイにおける中国資本]の続きを読む
スポンサーサイト



日本からどうして脱出できたのか?
―タイのインラック元首相は地続きのカンボジアから脱出したとされるが・・・

2020年の年初から世界を驚かせたのが日産のカルロス・ゴーン元会長のレバノン入りである。
当方も、日本の法制度、海外の法制度の違いの一部を見ることができた。
同じ人物が3枚のパスポート、今回はフランスのパスポートが2枚発行されたので、合計4枚のパスポートを所持した居たことになる。2重国籍を許さない国と、複数の国籍を持つことが当たり前の国との違いである。友人のコスタリカ人は、母親がメキシコ人であるので、近く、メキシコ国籍も取るらしい。タイの永住権を取る方もあるが、その場合はタイ式の名前を名乗ることも必要か?
kyodo.jpg
(写真はKyodoから)
[2重国籍が認められる社会、認めない社会-日産のゴーン元会長脱出事件から]の続きを読む
2020年1月からタイの最低賃金が引き上げられる。

2019年9月時点で、チャトモンコン労働大臣は連立政権の約束事で、最低賃金は引き上げるとうたったが、46県の賃金委員会からは、引き上げの要請は中央賃金委員会(委員長 労働事務次官)には届いていない、と説明をされていた。労働大臣の説明では、その後、46県から20県余りは賃金の据え置きの意見も出たという。その理由は、最低賃金を引き上げると、事業所の閉鎖が多く、失業者が増える、という懸念がある、とされていた。
[2020年1月からタイの最低賃金が引き上げられる。]の続きを読む
日本からどうして脱出できたのか?
―タイのインラック元首相は地続きのカンボジアから脱出したとされるが・・・

2020年の年初から世界を驚かせたのが日産のカルロス・ゴーン元会長のレバノン入りである。
当方も、日本の法制度、海外の法制度の違いの一部を見ることができた。
同じ人物が3枚のパスポート、今回はフランスのパスポートが2枚発行されたので、合計4枚のパスポートを所持した居たことになる。2重国籍を許さない国と、複数の国籍を持つことが当たり前の国との違いである。友人のコスタリカ人は、母親がメキシコ人であるので、近く、メキシコ国籍も取るらしい。タイの永住権を取る方もあるが、その場合はタイ式の名前を名乗ることも必要か?
[2重国籍が認められる社会、認めない社会-日産のゴーン元会長脱出事件から]の続きを読む
明けましておめでとうございます。

昨年は、皆様に支えられてようやく年の瀬を越せました。

2020年も足固めをして、さらに次に迎えるようにいたしたく。

皆様のますますのご活躍とご健勝を祈ります。

令和2年元旦
P_20191231_184819_kagamimochi.jpg
11/30にまほろば会の忘年会を

西岡会長のお世話役で、BTSパカノン駅近くの「ぼっけい」で11/30にタイ国奈良県人会(まほろば会)の忘年会があった。


当日のゴルフの成績で盛り上がっていたが、当方、今年はほとんど参加できず。

福引用にでも、とボール、文房具セット、スコアカード入れ(2)の4点を景品の提供をした。

飲みすぎて、帰り道でART BOXなど、屋台の集まっている場所など立ち寄ってみた。
P_20191130_214832_art box

その結果、最終のBTSで帰宅することに。

P_20191201_000434_BTS.jpg
P_20191122_114131_ovta.jpg

タイ労働省からも後援をいただいた

開会の記念写真
P_20191122_133133_ovta.jpg
[OVTA公開講座、無事終了]の続きを読む
タイでは見えないもの、シンガポールでは見えるもの
P_20191119_123034_juwel at sg airport
新しい旅客ターミナルをつなぐJewel、複合型商業施設、植物園、
P_20191120_132238_ma lion
定番のマーライオンです
P_20191120_160851_auto drive car
自動運転バス(運転手がいない,GRADE3)
[久しぶりのシンガポール]の続きを読む
今年のロイカトンは盛り上がらなかったか?盛り上がったか?

まず、BTSのアリ駅前はビアガーデンがオープン。
盛り上がっています。
ari mall beer garden
そこから、BTSの乗り換えてサパンタクシン駅に。
対岸に渡る船が載りたい人の行列で、橋の上に上がった。
ちょうど、花火も始まる。

Loykrathong20191111.jpg



[ロイカトンはチャオプラヤ川まで2019.11.11]の続きを読む
-11月2日から4日までタイで開催した首脳会議
会議のテーマは「サステナビリテイーのためのパートナーの推進」である。
バンコクでは11月に入ると主要な道路に警官の姿を多く見るようになった。11月4日は官庁の臨時休日。学校なども臨時で休みにしたところが多かった。
第35回アセアン首脳会議は議長国がタイということから、年頭から今まで閣僚レベルの協議が行われていた。アセアン+3首脳会議(日本、中国、韓国)アセアン+6首脳会議(日本、中国、韓国、インド、ニュージーランド、オーストラリア)東アジア首脳会議(アセアン+6にロシアと米国が入る)も同時に開催された。
プラユット首相は、開会のあいさつでアセアンの経済統合の重要性、特にアセアンの運輸、交通の改善と、接続性の向上がアセアンの基盤を強くすると、表明をしていた。
タイの経済成長を今一段押し上げるには、アジア地域包括的経済連携(RCEP)が重要で、今回の首脳会議ではこの課題が最終の首脳会議で前進するのかどうか、が注目されていた。
[アセアン首脳会議で何が決まったのか]の続きを読む