バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
* サワディ~クラップ


■タイに居座り、東南アジア・中国・インド・トルコをも、
範疇に収めんと企む今日この頃のマサが発信するblog
リオ五輪でタイ選手がとったメダルは
images of rio weight lifting
8/18の現在で、金が2個、銀が1個、銅が1つである。国別では米国が1位、金28、銀28、銅28の合計84個。
以下順に、2位、英国、3位中国、4位ロシア、5位ドイツで10位に日本が入る。タイは国別では27位。
タイのメダリストのいずれもウエイトフリフテイング。Ms.SukanyaとMs.Sopitaは金。Mr.Pimsriは銀。Mr.Sinphetは銅であった。
[リオのオリンピックで活躍するタイの選手]の続きを読む
スポンサーサイト
8月12日から開催の依存一品
 日本の大分がスタートだと言われる一村一品運動がタイに定着して10年以上になる。
当初、タクシン時代に通産省やJETROが日本との接点を広げるため、導入した仕組みである。
IMG_5859 OTOP
それまでも王室や寺院の装飾、供え物を中心とした高い技術もあり、また明治時代に日本から導入した絹文化もある。

IMG_5860 HANDI CRAFT
[最近の一村一品、アセアンとの協調]の続きを読む
地下鉄BANSUE駅からシャトルバスで始発駅
IMG_5787MRT Purple line ,tar pun station
2016年8月6日にバンコクから西部、ノンタブリまでの新線、パープルラインが開通した。
運営はMRTであるが、車両管理方式は日本製。

ノンタブり県まで延長20KM
IMG_5795purple line

走っている路線が、幹線道路の上。渋滞が解消されることが期待されるが、バンコクポストの取材(8/7)によると、ノンタブリ県から都心まで直通であるが料金が課題。全線42バーツはバスなら20バーツ以下、ロットウでも30バーツ以下である路線を42バーツで高いのである。
[NONTABURIまでの新線開通、MRT、パーピルライン]の続きを読む
ゴルフコンペ
P_20160731_133638go-shukai golf
年に数回ある5週目の日曜日。
五洲興産のコンペがある。今回はキアタニで、来月の予行演習という意味もある。
そこで、前回に続いて参加した。
前半52.。後半も最終まで行くと、50を切れそうだ、と力んでしまった。
パー4のところを池に落とし、パットもさえず8.
後半51で、合計103になった。HDCが26頂いて、NET77で4位になった。

最終ホールが4とは言わないが、ダボでも6.後半49となり、合計101.HDCを算定すると75なら、3位以内に入賞のチャンスがあったのだが・・・
久しぶりのチャトチャク(日曜市)
IMG_5072chatchak.jpg
家を出て自転車で走ると20分もかからないで、日曜市に来る。と言っても毎日営業していて、週末だけ開く店があるため、日曜市友よばれる。
当日は、鳥の餌、姫ウズラを買うために出てきた。ところが、姫ウズラ1匹で、ウズラが5匹も買えるので、安い方を選んだ。

従い、買ったのは、姫ウズラではなく、普通の鶉のため、えさの量が違う。

[Chatchack Weekend market on 17 July]の続きを読む
IMG_4456airport.jpg
友人から標記の質問をいただいた。下記は、その返事である。

当方の顧問契約をする顧客は製造業が中心でしたが、

調査関係は今までもエネルギー、サービス、エンジニアリングが

ありました。

もっともサービスといっても製造業の周辺のサービスですから

単純に飲食、旅行、ホテルなどのサービスは多くはありません。

ただし、コールドチェーンとなれば、昔の三洋の冷蔵庫、冷凍庫から

設置工事、物流などサプライチェーン全般を知らないとい事にはなりません。

さて、お尋ねの旅行業界のリスクは今までもありました。

感染症の影響、テロ、タイでのクーデター(王政が転覆するという意味ではない)など

ありました。
(写真はスワンナプン国際空港)
[海外のテロなどタイの旅行業界への影響]の続きを読む
タイが将来発展するために用意していることを説明する。P_20160707_184251 dr stchaka

1. 社会の格差是正 農産物の高付加価値化、地方の観光振興である。
2. 国の競争力強化には、まずはインフラの整備が重要である。高速鉄道、複線化など今後400-500億ボルの投資を予定している。
3. 製造業の高度化 これにはBOIの政策も関係するが、高度化、高付加価値化、イノベーションを支援する。スマートカーや電気自動車EVを応援する。航空機産業、物流の高度化も課題である。クリエイテイブエコノミーにも注目をしている。
4. 新しい起業家、サプライチェーンの強化も必要だ。フードイノポリス構想にも共鳴する企業も増え、デジタルのインフラも強化する。今まで、シンガポール経由でつながったゲイトウエイもタイに直接つながるように準備中である
5. 医療、航空機についてもタイがアジアのハブにならねばならない。
[英国のEU離脱により世界の目はアジアに向かう(ソムキット副首相)2-2]の続きを読む
P_20160708_123406 SOMKIT dpm
7/13に開催された日経フォーラムでタイのソムキット副首相は英国のEU離脱による金融、経済に及ぼす影響を事前検討をしてきたことを明らかにして、これにより世界の注目はアジアに向かうと言明。特にアジアの原動力である、中国、日本、韓国、インドに注目をしている。
[英国のEU離脱により世界の注目はアジアに向かう(ソムキット副首相)2-1]の続きを読む
晴れ晴れ会
名前は晴れであるが、7/2は雨で時々曇り。
従い、7月といえども涼しくゴルフができた。
滑り出しは良かったのだが、途中からボールが左により出して、前半54が後半58.合計112
HDC35ももらってNET77で成績は4位。
HDCは維持をしたまま、8月に向かいます。
P_20160702_harebare10.jpg
ダウンロードhun sen pm
カンボジア独立の戦士で、ポルポト派の政権を追い出したあとの政権中心部にいたSay Phouthang(サイ プートン)氏が2016年6月13日、カンボジア国境に近いタイのTrad県で亡くなった(96歳)。サイ プートンは1985年、当時32歳の外務大臣であったHun Sen(フンセン)を首相に推薦し、政権中枢部が同意して、以後30年、首相の座に座ることになった。
このため、フンセン首相はサイ プートン氏を最も尊敬する政治家としてみてきた。
[フンセン首相の涙]の続きを読む