バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
* サワディ~クラップ


■タイに居座り、東南アジア・中国・インド・トルコをも、
範疇に収めんと企む今日この頃のマサが発信するblog
ソンクランはバンコク都内は静かである

大通りを走る車が少ない。

家人がNonntaburiまでバスで行ったが片道30分程度だという。平生は1時間以上かかると覚悟してバスに乗るのだが、祭日、中でもソンクランの期間中がバンコクの車が郊外にいったのか、家で、車庫に眠ったままなのか。

また、水かけ祭りといわれるが、都内では、特定の場所でのみ水かけ祭りが許されている。

シーロム、ラチャプラソン、カオサンである。

もちろん路地に入れば、子供から「ソンクランおめでとう」といって水鉄砲に出会うこともある。

数年前に、大事なカメラが水にかかり、動かなくなったこともあったので、最近は、携帯をビニール袋に入れミスのかかってもよい体制をとっている。

しかし、今年は静かであった、昨年は、ラマ9世の服喪中であったのだが、今年は管理された水かけ祭りである。
スポンサーサイト
日本に出張をしてきた
P_20180327_001508aiorport.jpg

4/27にバンコク発。上海経由で東京・成田到着。
4/28に横浜にあるクライアントを訪問。
事務所の周辺は桜が満開である。
昼食は花見をしながらいただいた。
P_20180328_114450TOKODAI.jpg

[桜の咲く季節に横浜で、帰りは富士山を見ながら、日本出張3/28-4/9]の続きを読む
年末年始、年度末には人の異動がおおいので
P_20180325_201523ISETAN.jpg
久しぶりにバンコクの都心にある伊勢丹に行ってきた。6階の催事コーナーでは北海道、富山、和歌山の商品が展示販売されていた。取り扱いをされているD社の担当に聞くと、北海道は全農など有力な商社経由のようだ。
年度末も人の異動が多い時期でもあり、故郷の思い出に花を咲かせるのであろうか?
当方は甘党で、和菓子を持ち帰ったのである。
[伊勢丹で開かれた小さな物産展]の続きを読む
潮風がさわやかなバンプーゴルフ場で
P_20180317_075116mahoroba.jpg
2組のゴルフは早い。

8.00スタートで12.30には終わった。

懇親会。
P_20180317_125524mahoroba.jpg
[第109回まほろば会ゴルフ2018.3.17]の続きを読む
下院議員選挙法は3/8国家立法議会NLAで決まる
P_20180310_163034parliament.jpg

総選挙までのスケジュール
3月8日 議会で選挙法最終可決
国王上奏30 日以内 〈4月か)
国王署名60日以内(
選挙法公示 6月か
*関係機関と政党が選挙日程を協議*
選挙法施行90日以内 9月か
選挙日(150日以内) 2019年2月実施か?
昨年の6月にNZにいる長男夫婦に孫が生まれることから、家内が応援に

3/10にNZから戻ってきた。滞在9か月中に、国内旅行2回、日本行き1回を除くと、家の用事に専念。

ようやく戻り、スタッフと犬からも大歓迎。
P_20180310_091642_takako home
[NZからお帰り]の続きを読む
新しい国王の画像で紙幣発行
P_20180311_173644new kings bank note
4/6のチャクリ王朝記念日から新しい紙幣が流通する。
すべての表紙は新しい国王、ワチラコン国王の肖像。
裏面が変わる、
20バーツ札は初代と2代目の国王。
50バーツ札は3代目と4代目の国王。
100バーツ札は、5代目と6代目(チュラロンコン国王と6代目)。
500バーツ札は7代目と8代目。
1000バーツ札が9代目(亡きプミポン国王と、現国王)
[紙幣も世代交代]の続きを読む
ラマ5世時代の衣装が
現在、国会議事堂前の広場では、ラマ5世にまつわる様々な展示があるらしい。
政府は、来場者に当時の衣装をなぞらえて来てほしいという。
弊社のオップさんも、子供のミンさんと一緒に、今から出かけるらしい。展示は3月の末まで開催されているようだ。4/6はチャクリ王朝記念日でもある。P_20180303_162249oppu min
お誘いを受けてスワンゴルフ場に
P_20180303_073505uwan golf
週末の半日、ナコンパトムのスワンゴルフ場に行ってきた。
成績は前半67、後半59と合計126でさんざん。ボールも6個は無くしたか。
日頃の練習がない証拠でもあるが。。。
徳富様。小生、三田様。スワチャイ様(左から)
ビジネス目的ではあるが・・・
P_20180228_183809hinamaturi.jpg
バンコクにある伊勢丹のお菓子売り場で、雛飾りをみた。
日本人家庭で、女の子がいる家には雛飾りをするのであろうが、バンコクではどうか。