バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
* サワディ~クラップ


■タイに居座り、東南アジア・中国・インド・トルコをも、
範疇に収めんと企む今日この頃のマサが発信するblog
以前から気になっていた地方都市
P_20170716_134113supanburi tower
バンコクから2時間以内に行ける都市でスパンブリ市は元バンハーン首相の地盤であり、2011年の大洪水が隣のアユタヤに大きな被害を及ぼしたが、こちらは影響がなかった。その理由は、南北を通るタチン川である。下流は、ナコンパトムからサムットソンクラム(マハチャイ)まで流れる。
海抜はそれほどでもないが、かってアユタヤ王朝時代に、ミャンマー軍と戦ったナレスワン王の記念の塔もある。
P_20170716_134818supanburi.jpg
[Suphanburi- 1 day trip]の続きを読む
スポンサーサイト
タイ政府科学技術省、NIA(National Innovation Agency)、商務省、BOIなど起業家支援を
IMG_0473start up
銀行、大学アンドに呼びかけ、セミナーとイベントが開催された。
海外からは、イスラエル企業がセミナーの主役。日本政府もNEDOを始め、IT系の企業が参画。
公立の大学が支援するベンチャー企業も出展。

セミナーでも、次世代の育成も課題になった。
[起業家精神が育つか2017.7-6-7.9START up Thailand]の続きを読む
7/2の昼にサイアムまで出かけた。

食事の後、話が延長したのでコーヒーでもということでNOVOTEL前の喫茶店HOLLYS COffeeに入った。

何かが違う

そう、デザートが主体の喫茶店で、しかも韓国系のBingsooがある。

日本では、一人用だが、こちらはどう見ても2人用。

あいにく、一緒に同じデザートを食べる人もいないため、一人で。IMG_0453Bingsoo.jpg
[韓国系のお菓子がバンコクの中心サイアムで7/2]の続きを読む
2017年6月25日初孫
received_10212790135013248keito.jpg
2.9kgで難産だったと聞きましたが、女児誕生。恵糸(ケイト)です。よろしくお願いします。
長男の恵雄(シゲオ)の一字と、お母さんの趣味の手芸からとった名前だと。
生まれたのはニュージランドのオークランド。
7月には、オークランドを離れて、父親の働くビール工場が引っ越した先の街に引っ越すらしい。
写真が家人(おばあさん)の撮影である。
FB_IMG_1498974762202.jpg
センセーブ運河を通る
バンコク市内の東西を運河が走っている。
チャオプラヤ川の河口にできたバンコク都内では、運河を使って人の動きがある。
センセーブ運河である。
senseab canal2
東西を走る、スクムビット通り、ペブリ通りと並行して走っている。
そのため、船着き場に近いところでは、渋滞の無い交通機関で、ボートがある。
senseab canal
[2016.6.17バンコク市内の渋滞を避けて]の続きを読む
BITECの商談会、展示会
mr hara propose for car maker
新しい情報と新製品を学ぶ機会が展示会。
A社の原さんも今までの納入先にも新製品を紹介するとともに、新しい顧客を求めて展示会でプレゼンをする。

I社の購買には説明して納得されたが、設計にはまだ説明の機会が無い。

D社にも、現場レベルでは説明をしているが、上部につながらない、という。

そのような困った問題をどう解決するか?

TMOの役割がこの点にある。

優勝は長崎様

日本からネパール出張の帰りに参加。
森内様もいったん日本に帰国されたが、一時出張に合わせて参加いただき合計9名。
優勝は長崎様であった。
20170624 mr nagasaki
ちなみに、小生は前半60、後半51のグロス111.HDC19という名誉あるHDCでネット92でブービーメーカー(最下位)であった。
[第106回まろろば会(奈良県人会)ゴルフ]の続きを読む
国際包装展2017.6.14-6.17BITEC
IMG_0297propak.jpg
先月のThaifexとともにこの展示会を見ると商品加工業界の現状がよくわかる。
日本からも食品の加工業界は既に現地で販売だけではなく、工場をつくり製造されていることもあり、機会があれば、工場も見てみたい。
[Propak 2017]の続きを読む
日本から中小企業向け金融機関の職員研修が

60名のグループが5班に分かれてタイの工場を見たいとの希望である。
主な工業団地にも協力いただき、自動車関連の部品工場を中心に5日間のアレンジを行った。

IMG_0253mishina matsubishi
[タイの工場見学のアレンジを6.12-6.14&6.20-6.21]の続きを読む
2017.6.10-2018.3.10までNZに
IMG_0248 TMO
家人はNZの息子の家に一時引っ越し。直前の荷物は40kgと宅配便2回。1回目は船便で約30kg。2回目はDHLで35kg。
完全に引っ越しではないので、持参する荷物と、宅配便で送る。

1週間後の様子を聞くと、現地では7月初めに息子の第1子、誕生予定。同時に、ビール醸造工場の移転も7月には移るらしい。
第1子の誕生を待って、母子ともに健康であれば、8月以降は工場の近くに引っ越しか?
家人は、こんなに忙しいとは思ってもいなかったらしい。
病気にもなる暇がない。

当方では、何も手伝いができないが、保険加入だけか?