FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
9/14のmagmagを再掲します。

改造内閣の観光振興策
―改造内閣はどのようにコロナ禍による経済低迷を引き上げるのか
先週に続き、改造内閣の経済引き上げ策を紹介する。
 タイは、We travel together という観光振興策がある。9/4-9/7の4連休でタイ人の国内旅行を刺激してホテル業界の予約率は上がった。88億バーツの観光支出があったと推計されている。その後の、ニュースからフォローをすると以下の通り。
日本のGO Toの仕組みと類似したタイの観光振興キャンペーンが展開中である。

タイ観光公社(TAT)はWe travel together という仕組みで国内旅行を振興する計画を7/18から開始した。
9月5日現在、224億バーツの予算が851,321人しかこの計画に登録されず、利用された国内旅行額は25億バーツにしかならない。

この登録者は、ホテルを予約した際に600-900バーツのE-voucherが手元に届き、チェックインする際に利用できる。しかし、航空機の利用者は合計236億バーツの予算でしたが、8703人しか利用されず、補助金は旅行が終わって戻ってから還付される仕組みです。
TAT総裁のユタサック・スパソン氏は最初の50日だけではわからないが、新しい仕組みを考える必要はあると言っている。(9/12Bangkok Post)
当初は、毎日17,026人の利用があって、7130の登録されたホテルの4,014ホテルが利用されると見込んでいた。主な行き先は、Chonburi(パタヤを含む)、Phuket、Prachuab Kiri Khan(ホアヒンを含む),Chaingmai、Bangkokである。

そこで、利用期間を12月末までの期間の延長と。予約受付の窓口の拡大を検討している。

 航空会社とTATの協議では、登録者は航空券の40%の割引を受けられないか、との申し入れがTATからあったが、航空会社は政府が航空券としては最高2000バーツの割引を引き上げてほしいとの要望があった。
 ユタサック総裁は、海外からの旅行者が制限される中では、国内旅行者に頼らざるを得ない。総裁は、航空会社の運航便は年末までにコロナ禍が始まる前の水準に戻ると期待をしている。海外旅行者への窓口解放については、他の国が海外旅行者への窓口を開ける方向で検討している中で、タイが取り残されないように年末までに決断をすべきだと主張している。
問題は、海外旅行者の受け入れを,Phuketからスタートする予定であったが、コビットの検査で陽性と出た外国人があったため、その追跡をしたうえで、問題が無い、と判明するまで遅れそうである。

[改造内閣の観光振興策]の続きを読む
スポンサーサイト



コビット19管理委員会は、ロックダウンの緩和第3弾を
P_20200524_173648_chatchak park3

5月17日からショッピングモールなど、今まで規制されたいた多くのビジネスが、
1人あたり2mと言われるソーシャルデイスタンス、安全、時間ごとの清掃、入退場者
の身元確認などをする条件で営業が再開された。
小生も、チャトチャクの市場や近くの公園が解放されて、ようやく日常生活が元に
戻りつつある、と思えるようになった。

しかし、非常事態宣言は、5月末までの期限が6月末まで延期されると報じられている。
また、夜間外出禁止措置は現在、夜の11時から朝の4時を、さらに一歩短くして真夜中
の12時から朝の4時に短縮される予定である。また、県境を越えての移動やホテル業
の再開も可能になる見込みである。

課題は、教育分野である。学校でもソーシャルデイスタンスを維持するには、今の教室
は教師1人で生徒20人のクラスが教師1人に対して生徒7人がふさわしいと言われるが、
対応できる教師が要るのか?5月18日から一部の学校では遠隔教育としてTVやネット
を使った教育もこことみているが、バンコク周辺はネット環境が良いとしても、長期の
学校の閉鎖で、両親がバンコクで働いている場合、児童は田舎に滞在している事例も多い。
その場合、村には1つのネット回線だけ、家庭にはインターネットは無いなど、バンコクと
地方との格差が表れる。もちろん、携帯電話の普及率が高いが、多くは前払いで定額利用
の電話であって、長時間のネット教育には対応できない携帯も多い。
タイの通信放送委員会が1か月無料で使用できるとして提供したサービスも、実際には
利用できない、層もある。

[コビット19管理委員会は、ロックダウンの緩和第3弾を]の続きを読む
P_20191122_114131_ovta.jpg

タイ労働省からも後援をいただいた

開会の記念写真
P_20191122_133133_ovta.jpg
[OVTA公開講座、無事終了]の続きを読む
10/8-10/12まで日本に出張をした。

前半の紹介をすると、10/9は奈良、10/9は大阪である。
P_20191008_132421_air asia
ホテルが大阪市内のため、行き先の橿原市まで近鉄に乗らず、JRを利用。
王寺駅について、田原本線を利用。
西田原本から、隣の近鉄、橿原線で新ノ口まで。
午前の用事を済ませて、近鉄八木駅で、友人と昼食。
夕方の約束まで時間があるので、橿原考古博物館へ。
P_20191008_223618_express train

[久しぶりの日本(10/8-10/12)]の続きを読む
フード・ホテル展

先週は、大きな行事で9/4-9/7までフード・ホテル展があった。主催はInforma marketsで世界各地でホテル関係とホスピタリテイの展示会を開催している。この報道が上手い。媒体も放送、紙だけではなくネットでも話題提供を行っているのである。フルーツカービングなど参加者の各種競技が来客を呼び込んでいるのかもしれない。全体として、商務省が主催するThaifexほどではないが、小ぶりな展示会で、仲間意識がみられる。
期待と通りであったかと言われると、期待外れとしては、従来参加していた東京都が参加を取りやめて、台東区、大阪がブースを構えていたこと。単独で、この展示会を利用する日系企業もあった。期待以上というと、タイ企業が日系企業と提携して、北海道産の大豆を使ったきな粉など、日本産のワギューなど産地表示を上手に使った演出が注目された。
航空フォワーダーの近鉄エクスプレスのタイ法人関係者は、現地での食品輸入について年末の12/27にお話を伺った。
「輸送コストを下げるためLCC(格安航空会社)の利用など検討したが、LCC専門の空港であるドンムアン空港には冷凍、冷蔵設備がなくLCCは使えない」と説明する。

P_20181226_151936kwe.jpg
 言い換えれば、現状、常温で輸送できるものはLCCを使える。一方、温度管理が必要な生鮮食品などはスワンナプーム空港に乗り入れる航空貨物便の利用などが必要。同空港には40フィートコンテナ2台分ほど収容できる冷凍・冷蔵施設がある。

今年も始まりました。

当初2/24に予定されている総選挙が3/24に延期される可能性も出ています。

それは5/4に新国王の戴冠式があれば、2/24の総選挙を経ての首相指名、上下国会議長の指名作業に支障があるという理由からです。
gs-123.fc2.com/t/m/o/tmotakagi/P_20190106_180131rama10.jpg" alt="P_20190106_180131rama10.jpg" border="0" width="184" height="327" />
[一段ステップアップ]の続きを読む
明けましておめでとうございます。
P_20181226_124214kbank.jpg

2019年の年明けはラオスのビエンチャンで迎えました。

1月2日からの仕事始めにはノンカイからバスで戻り、モンチットのバス停には早朝5時に到着して、

事務所到着は5時30分でした。

今年もよろしくお付き合いください。
[謹賀新年2018]の続きを読む
12/6から12KM、9駅が延伸
P_20181208_144800samron.jpg
2019年4月16日まで無料で試験運転を
P_20181208_145336chan museum
期間中に、住民の志向が分析出来るのか
[スカイトレイン、サムットプラカン県を延伸12km]の続きを読む
アセアンの政治、経済はどう変わるのか
P_20181121_100846forum.jpg
バンコクポスト紙主催で、標記のセミナーがCentara Hotelで11/21に開催された。
小生、読者の一人として登録し、セミナーに参加。

タイの現政権の工業大臣であり、PPP政党の幹部でもあるMr.Uttama氏が講演後の取材に応じている場面にもであった。
[Bangkok Post ,International Forum on 21 Nov]の続きを読む