FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
大阪港の発展の可能性と課題

2019.9.3にバンコクで大阪港セミナーがあった。
この機会に大阪港の課題を整理してみた・
大阪港は、1868年(慶應4年)の近代港湾としての開港以来、関西圏の産業、経済発展に伴い国際港としてのは発展してきた。日本の主要な国際貿易港(五大港)のひとつで、スーパー中枢港湾の指定を神戸港と共に受けている。 港湾法上の国際戦略港湾である。
大阪港の戦略として、神戸港、などと一体化して阪神港としての戦略を展開し、①集貨、②創貨、③競争力強化の3つの柱がある。まず、①集貨には瀬戸内、九州などの各港からの貨物を集め、それらを一括して、北海道や東北、奄美、沖縄へ送るルート、②創貨のためには物流企業、次世代先端産業の立地促進を図るとともに、「食」の輸出促進として農水産物の輸出拡大のため物流面で支援する仕組みも作っている。③競争力強化として、港湾設備の機能強化、港湾経営主体の確立のため阪神国際港湾活引き会社の設立を行い、神戸港と大阪港のターミナルの運営管理を効率的に展開する仕組みを作ってきた。貨物取扱量としては、2017年の実績427万TEUを2020年には590万TEUまで集貨目標を掲げている。
[大阪港セミナー2019.9.3]の続きを読む
スポンサーサイト



8/28のTILOG開会式でも挨拶をされたMr.Jurin副首相兼商業相はタイ製品の輸出拡大に3つの戦略があると説明をされた。1.世界の主要な市場の確保 2.今まで取引が無い国、市場を発掘する、3.既存の市場を再度、活性化させるというもの。

政府は、民間と協調しタイの物流業界を発展させるため物流部門の能力向上を目標に掲げている。
商業省はタイ経済の輸出部門、国内の取引の活性化を図るという役割を担っている。
地域の物流を拡大させると同時にタイ企業を支援して貿易と投資がよりオープンな輸送を目指すことである。そこで、効果的な物流管理がタイの製品やサービスが国際市場に容易にアクセスできる機会を作れるのである
[タイ製品の売り込むのは副首相 Tilog=Lgistex2019(2019.8.28-8.30)]の続きを読む
sweats shop2
またまた中華街に出てきた。
家内の友人がスイーツの美味しい店が中華街にあるという。
タイ好きのテキサスのちょうど前。
小さな店であるが、人は待っている。
行きはバスで1次かに状かかったが、帰りはMRTでワットモンコンからモンチット駅まで40分。雨天で、タクシーに乗ればモンチットから10分もかからなかった。
mrt wat monkorn
plan to jump
AD spending

8月6日にJCCが発表した2019年上期景気動向調査で日系企業の見方として、タイ経済は上期減速が公表されている。具体的には「業況感 DI は、2018 年下期が 18、2019 年上期が▲8、2019 年下期(見通し)が 6 となった。2019 年上期はバーツ高や中国経済の減速、米中貿易摩擦による悪影響といった主に海外要因によ り、DI がマイナスに落ち込んだ。2019 年下期にかけては、引き続き米中貿易摩擦による悪影響 が残ることから、DI はプラスになるものの、小幅な増加にとどまる見通しとなった。」
前日の、8月5日に新政権の経済閣僚の3か月の施策発表がバンコクポスト主催であったが、主な内容は以下の8月20日の発表の骨子とでもいうもの。

[タイ経済の減速と景気刺激策]の続きを読む
アマタの日系企業会が「個人情報保護法」の勉強会
―講師のPWCとの連携は弊社が
Jpark chonburi

OVTAの公開講座をやれないか、との問い合わせから進めた「個人情報保護法」の勉強会であるが、日系企業会のメンバーだけの会で、公開はできない、との結果になった。
それでも40名近い参加であるため、講師のPWCは協力していただいた。
MR KATO,PWC
[8.21個人情報保護法の勉強会、アレンジを]の続きを読む
7月28日の国王の誕生日を祝して、7月29日から地下鉄ブルーラインが延伸した。ホアランポン駅から、チャオプラヤ川の底を通り、トンブリ地区のタープラーまでの区間である。将来、タープラ駅から、タオプーンまで開通すると、バンコクを一周する環状の地下鉄が開通することになる。現在のの営業時間は朝10.00から午後16.00までの8時間で、8月いっぱいの試運転期間は無料である。

MRT new line2
[地下鉄ブルーラインの延伸でー7.29中華街に地下鉄駅が ]の続きを読む
アセアン首脳会議、6/22-6/23バンコクで開催
アセアンの第34回首脳会議はバンコクで開催された。10か国の首脳がバンコクに集まった。今やアセアンは1967年に発足以来、各国の一人当たりのGDPは33倍にもなり、GDPも28兆ドルにもなった。10年前にバンコクで提唱した各国の接続性はインフラ、金融、デジタル分野では大きく向上した。
昨年はシンガポールが議長国であったが、2019年はタイが議長国になった。
今年のテーマは「持続可能性を求めさらなるパートナーシップ」である。
3つの分野がある。1)デジタル・アセアンで、未来志向である。2)パートナーシップ、スキ間がないアセアン、接続性がすべてに。3)持続成長、すべての分野での持続成長が。
ASEAN.jpg
[6.22-6.23ASEAN Summit が終わって]の続きを読む
P_20190615_093851_otop.jpg
6/16-6/23までノンタブリ県のIMPACTで開催中の一村一品展を見てきた。チャレンジャー館1-3(6万平方メートル)を使っている。毎年2回開催の催しである。81億バーツの予算をもってタイ政府内務省のコミュニテイ開発部が担当。全国に7255タンボン(村よりも大きい行政単位)に現在36,000ものOTOPグループがあると言われる。1グループに30名から大きいものは3,000名が参画している。2017年には1530億バーツの売り上げがあり、その内、政府の買い上げが200-300億バーツといわれる。物産だけではなく、観光振興という意味もある。全国で毎年64570点もの新製品が開発されて、毎ねん10%の成長を続けている。

P_20190615_093847_otop.jpg
[OTOP(一村一品)の今]の続きを読む
P_20190607_095451_ASCN.jpg
6月6-7日に開催されたASCN ラウンドテーブルミーテイングとコンファレンスがバンコク国際展示場(BITEC)の会議室で開催された。一般公開された6月7日の会議を紹介するとともに、アセアンでスマートシテイというコンセプトがどの程度、理解されているのか、考えてみたい。
基調講演「デジタルアセアンの未来、タイの未来」で講演されたのはは、タイのIST経済大臣のDR.Pichetである。以下の講演内容を紹介する。
スマートシテイという概念を分けると4つの要素がある。
1) デジタルに対応できる社会
2) 安全な社会
3) 持続継続性
4) 社会の構造が変化可能性がある、の4点。
まず、1)はデジタルに対応できるためには、アセアンの市民がデジタルの知識を絶えず向上できること、最新の技術、インフラ設備が揃い、情報のサービスが受け取れる社会のこと。
2)の安全な社会とは情報の脆弱な所が無く、安全に情報管理がされた社会を目指すこと。
安心して、ネットでモノの売り買いができて、決済もネットでできる社会を作り上げることでもある。

P_20190607_095638_dr pichet
[アセアン・スマートシテイ会議2019.6.6-6.7]の続きを読む
P_20190524_143850_two wheel
5/23にBITECに行くと、二輪車展が開催中であった。
P_20190524_150911_two wheel
タイ国内でもサイクリングブームで、それに関係するのか、と思ったが、実は台湾の二輪車関連の業界の展示会である。

関心があるのは、E-bickeとE-Bicicleである。


[台湾、二輪車展]の続きを読む