fc2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
11月の後半ともなると、タイ国王の誕生日をお祝いする飾りが町中にあふれる。
これはBTS(バンコクの中心を通る高架鉄道)のARI駅の近くにある銀行の正面広場の飾りである。
5年前にバンコクで初めて見た飾りは、早いクリスマスの準備だなとと感じた。
「いや待てよ。タイは仏教国なのにどうして町中にクリスマスの飾りなんだろう?」
国王陛下の78歳慶祝の飾り(銀行の正面)

それから数年を経て、毎年11月ともなると国王の慶祝のためだとわかった。
では、12月5日の国王誕生日を過ぎるとどうなるか
[国王の誕生日から新年を迎える準備まで]の続きを読む
スポンサーサイト