バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
春節(中国正月)は世界中の中国人にとっては大事な行事。

数日前から、バンコク市内に中国語を話す人が増えたと感じる。
例えば、高架鉄道BTSの駅や車両に中国人らしいグループが見える。
日本で言うと、年末からお正月にかけて海外旅行といったところか。
香港や中国本土、台湾の場合、1/28-31が春節。

香港から17便の航空便、2時間半。台北から14便で所要時間もほぼ同じ。
シンガポールからも1日に27便、所要時間2時間余りでバンコクに到着。
当地にいると、海外に出るのはそれほど大変なことではない。
数日の休日があると、親戚や海外に出た一族が帰ってくるのが春節。
欧米に例えると、クリスマス休暇に家族が集まるようなものか?
また、春節の季節となると赤い中国服が目立つ。
人々もどこかに赤い服を身に着けている。
赤い色は、何か新しいことを行う意思表示ではないかと思える。

MBKの春節2006-1-29




[春節と赤]の続きを読む
スポンサーサイト