バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
日本サッカー協会の川渕キャプテン

4/26のJCC総会に招かれた川渕キャプテンは1990年当時の
日本のサッカー事情と現在のワールドサッカーに日本が
出場するようにまでなった事情を講演。
7つの高い理想を掲げて実行した結果だと。

「前例が無い」
日本では、前例が無いと前に進まないことが多いが、茨城県鹿島にサッカーチームが生まれたのもまさしく前例が無いから、前例を作ろうという意欲の結果。
「4万人の町に、観客1.5万人収容のスタジアムを」
そこには、旧市街の2万人と新興都市2.5万人をいかに融和させるか、
町おこしの狙いがあった。。
今までの企業スポーツから市民スポーツへの脱皮を狙ったもの。
「天井効果」
頂点に立つ者と、それを追う者の意識の違いがある。
頂点に近いと、むしろ下に下がる。
そこで、日本選手を世界に出すことで、世界の頂点(天井)が高いことを
体験するとますます成長をすると、いうこと。
7つの条件を超えるー日本サッカー協会川渕三郎氏

[サッカーを通した町おこし]の続きを読む
スポンサーサイト