バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
それは突然目の前で

スワンナプーン空港からカンボジアに飛ぶことになった。
朝7時出発の便である。
イミグレを通り、タイから出発。
ゲートを通り、機内に乗る前の空港内のバスに乗った。
100名近い乗客を数台のバスで運ぶので、締め切り間際になった。
座る席もなく、ドアの近くに立っていると、大柄な汗をかいた欧米人が乗り込んできた。
汗を拭いているかと思うと、突然バスの車内で倒れた。
周囲の乗客から自発的に倒れた乗客を介抱する。同時に、バスの運転手に
緊急事態発生。乗客が倒れたと、連絡をする。
運転手は、空港内にいる会社の係員に連絡。
係員は飛び込んできたが、何もできない。
医者だ、という声がする。
誰か医者はいないのか。
誰もいない。アクシデント1
[海外でのトラブル(続1)]の続きを読む
スポンサーサイト