fc2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
中小企業のたくましさを勉強することができた。
以下は12/19、取材をしたT社の概要です。

1.出身 埼玉県越谷(本社)
2.業種 Tスプリングメーカー、タイはその50%出資、同族が50%出資の子会社。
3.進出 1996年
4.経緯 
 従業員30名程度のばね製造中小企業の第2世代。親父がばねやで、生まれたときから商売を見てきた。
 兄が会長で、社長の弟としては顧客が海外に進出していることから一人で海外に。
 30日間タイ、10日間、日本という拠点を交代しながら生活をしてきた。
65歳になった3年前から、兄の長男を社長に、自分の息子を専務としたため
自分は親会社の社長を退任。非常勤の取締役となり、子会社の経営に専念。
 タイ進出の最初は従業員3-4名からスタートをして、注文をもらうためただ頭を下げて回るだけであった。
 直後に1997年の通貨危機を経験して、2000年までは泣かず飛ばず。収支は合うようになったのは2000年ごろ。
 そのとき、現在地に土地を購入して移転。社員は日本にもAOTS研修生として出しているが、機械はタイのほうが最新型を導入。
 2001-2002年ごろからタイ経済も回復してきた頃から、収益の全てをつぎ込んで機械に。
 親会社には、材料、機械の購入窓口としてまた、日本の価格競争にもタイに子会社があることをメリットとして 競争力をつけてきた。
5.現状 売り上げ2.3億バーツで15%程度の経常利益。社員157名。2007年までは50%の配当、親会社には2%のロイヤリテイ支払いをして、
 7年前の工場移転の際にあった親会社借り入れも完済。7年間はBOI恩典で、法人税支払い免除であった。
 機械購入による減価償却もあって手元資金は豊富。それだけ新規機械の導入を続けて、タイでは少ない設備投資型SME。
 当時から銀行借り入れ無しで、無借金経営を続けてきた。
[海外で成功する中小企業の条件]の続きを読む
スポンサーサイト