バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
IMG_8852 fair

軍事政権になって、治安面での懸念が少なくなったことからタイへの海外からの観光客数が増加して2016年は3,000万人を超えた。国別でみると、1位は中国、2位はマレーシア、3位は韓国、4位は日本(140万人)である。ちなみに、5位以下はロシア、フランス、英国、米国となる。
総数の変化はある。2008年、2009年、2010年などの反政府運動で空港閉鎖や、バンコク市内で騒動があると減少する。また、2016年は国王の崩御や中国観光客が多く利用したノンダラーツアーを規制したことから、後半の中国人観光客は減少した。
1/19に開催されたJCC観光部会での報告によると、海外の観光客誘致に成功したのはシンガポールではないか、との報告があった。2010年にマリーナベイサンズとリゾートワールド・セントーサが開業して、2013年までの3年間で外国人観光客が60%増加をした。中でも、世界にシンガポールの知名度を上げたのは公道を使ってF1レースが開催されて、世界にレースの中継とともに、シンガポール自体の魅力を発信したことである。中でも、日本人観光客はこの期間に倍増をしている。
IMG_8851 OTOP
[観光振興策ー女性の比率を高めることに重点]の続きを読む
スポンサーサイト