バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
先週5月22日、軍人の利用するバンコク都内の病院で爆弾騒ぎが起き、25名が負傷をした。
犯人は軍事政権に対する反感を持つグループだと推察されているが、5月29日現在、つかまっていない。Prayut_Chan-o-cha_pm.jpg

5月27日行われたプラユット首相の定例のTV演説で国民に4つの質問を投げかけ2018年12月に実施予定の総選挙の延期を示唆した。
1つは、総選挙で選ばれる政権が良い政治を行うのかどうか?
2つは、もし次期政権が良い政権でない場合はどうすればよいのか?
3つは総選挙は民主主義として重要だと認めるとしても国の将来、改革および国家戦略が運営できない場合はどうするのか?
4つは、政治家が良くない場合は、再度総選挙を行うとしても、問題があった場合、だれがどのように選挙を実施をするのか。

意見があれば、内務省に意見を出してほしいと締めくくった。
政権の広報官であるMrSansern Kaewkamnerd は「首相が希望しているのは、国家がどのよう道を進むのか国民が責任の一部を担うべきだ」との言うことが言いたいのだと解説をしている。
[軍事政権に対する批判か、5/22にバンコクで爆弾騒動]の続きを読む
スポンサーサイト