FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
1月25日から中国正月が始まる。これに依り、中国本土、台湾、香港をはじめ、テトという名前のお正月でもあるベトナムからも旅行者が増える季節である。
この機会に、タイの中国資本の動きなどを紹介する。
2009年と2019年の10年の対比してみよう。
1)タイにおけるタイ資本の流入 58億バーツ(2009年)が46億バーツ(2019年の第3四半期)2)タイから中国向け輸出 5488億バーツ(2009年)が8240億バーツ(2019年11月まで)
3)旅行者の落とす収入 231億バーツ(2009年)が5042億バーツ(2019年11月まで)となって、いかに増えたかがわかる。
4)中国から不動産投資 中国から見ると、タイは4番目に好まれる投資先である。2018年の数字であるが、23億USドル(タイバーツで換算して691億バーツ)2019年の最初の9か月のうち、外国人のコンドミニアムの所有者のうち57.6%が中国人であった。
P_20200118_103822_the market
[タイにおける中国資本]の続きを読む
スポンサーサイト