FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タイ進出の課題と展望(香港貿易発展局がオンラインで取材)
―先の先を読んだ経営があっても良いのではないか
P_20180629_122751lanna expo

2020年3月から仕事のやり方が大きく変わっている。その一つの事例を紹介する。
友人から2020年5月に電話で相談があった。内容は、Hong Kong Trade Development Council(香港貿易開発評議会)からのタイ市場調査 ご協力の依頼で、担当者から以下の質問があった。
•タイでビジネスを行う機会と課題
•主要な成長ドライバーと消費者動向
•勝利する市場参入戦略

当初、担当者/が、タイ国内の日系企業様を訪問、面会・インタビューを考えられていたが、コロナ騒動の関係で、来タイ(タイ入国)が出来ない為、Zoom等を使用したインタビュー、もしくは、アンケート方式(英語)で、ご協力お願い出来ないかと要請で8/28にZOOMで取材を受けた。
ちなみに、当方から提示した成功の事例と失敗の事例は次の通り。
1. 小売業;Watsonというチェーン店がタイでは成功をしている。これは既に1996年からタイに進出しており、商業移設だけではなく、路面店もある。日本から「マツモトキヨシ」も進出しているが、日本の進出は出遅れた。国内の展開は、相当格差がある。
2. 物流業;KERRY LOGISTICS(Thailand)は既に、進出して相当長い歴史があるが、店頭販売から、オンラインでの販売に小売市場が変わるとともに、宅配事業を強化。郵便局の扱い量を超えたほどである。この分野でも、クロネコヤマトがタイの大手SCGと合弁で展開をしているが、スピードが違う。早い展開で、宅急便の市場はFERRYは1番の位置をしめす。しかし、コロナの後の食品配送サービスでは、LINEFOODやFOOD PANDAの展開から遅れている。大きくなればなるほど、方針変化は遅れる。これが課題。
3. 不動産開発;All Season Placeすでにタイには欧米系、アジア系の不動産事業の展開は多い。香港の事例では1997年の経済危機からいち早く、大型不動産進出があった。
例えば、バンコクの都心にオールシーズンのオフィス・ホテル・商業の複合ビルである。タイの経済復興が遅いのではないか、と懸念をしていたが、予想外にオフィスは埋まり、またホテルもすでにテナントの候補が5星ホテルに決まっていたのである。

[タイ進出の課題と展望(HKTDCから照会)]の続きを読む
スポンサーサイト