FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
9/9のmagmagを再掲します。
P_20200907_150024 mekon river and a boat

改造内閣の経済復興策
―改造内閣はどう経済低迷を引き上げるのか
8月の内閣改造で、目玉で会った民間人の登用も1か月以内にプラデー財務相(元カシコン銀行共同頭取)が名目は
病気のためとして辞任した。
ブレーキを踏みながらアクセルを踏む、厳しい経済復興策と、コロナ禍再発防止である。
450億バーツを使う経済復興策の中身が見えてきた。3つを紹介する。プラデー財務相が、財務省内にアイデア
を問いかけて出されたものかどうか、は不明である。
1つは、消費振興のため、1500万人に3000バーツの現金を支給する。ただし、一度に3000バーツを使うのではなく、
日常生活で使うため、1人が1日に100-250バーツしか使えない。使う場所も小規模の店、露店および行商人で8万店
が対象である。希望者は、Pao Tangアプリで、昨年行ったChim Shop Chat(味わって使う)の後継版である。
財務相としては、900億バーツの消費をしげきして、国民所得の0.25%引き上げに貢献するとみている。

2つは、26万人の大卒の初任給の半分を1年間、支援するというもの。これは、労働省から出された提案である。
9月末に、100万人分の求人募集を行う就職あっせん会を行うもの。名称は、Thai MeeNgan Tham(Thais Have Jobs)
3つ目は、内務省から出された提案。各県で毎月歩行者天国を企画して、観光振興と草の根経済を振興させるというもの。
1-3とも、COVID19の管理委員会(プラユット首相が委員長)の承認を得て行うもの。東北のサバナケット市内でも、
週末の夜店は行われていた。
プラデー財務相の辞任は、官報に公示された際に、プラユット首相は経済担当の副首相が、経済全般を見る共に、
各種プロジェクトの進行は、首相自らが責任を持って進めると、言明している。
[改造内閣の経済復興策]の続きを読む
スポンサーサイト