fc2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
(11.1のmagmagの再掲です。magmagでは、過去の記事が見えないため,blogでも紹介しています)

首相の不信任審議の余波
ー与党内の不協和音と野党の幹部世代交代
IMG20210711173403new parliament of Thailand

プラユット首相とプラウィット・ウォンスワン副首相(パラン・プラチャラート党党首も兼務)は陸軍を通じて先輩後輩の関係である。2014年の軍事クーデターでプラユット将軍がインラック政権を追い出して、軍政を敷いて、その後、首相に就任した際は、プラユット首相が先輩のプラウイット将軍を副首相に招いている。この2者のコンビの問題が、揺らいだとの見方があった。
プラウィット氏は9月初めに週、与党第1党パラン・プラチャラート党(PPRP)幹部らに対して、プラユット首相への支持を要請した。これは、8月末の内閣不信任案審議 に絡み、タマナット・プロムパオ副農相およびナルモン・ピンヨシンワット副労相が、与党側の少数政党に対してプラユット氏の不信任案を同意するように働きかけたこと、つまり反プラユット首相の姿勢を問ったことから首相によって解任された。これに関連し、プラウイット党首はPPRP政党の幹事長であったタマナット氏と党経済部門の責任者を務めるナルモン女史を党幹部から追放はしなかった。
10月初めに、国会で首相の任期は何時までか、野党から問題提起があった。野党の主張では、憲法に首相の任期が8年を超えないことから、2014年のクーデターごに首相になったプラユット氏は2022年には任期満了になる、と主張。首相の秘書官は「これはプラユット首相の信頼を落とすための議論である。今の首相の任期は現在の憲法が制定された2017年から、計算すべきである」と主張をしている。首相の任期と総選挙とは、相関関係にあると言えるが、各政党は早くも自党の首相候補を選定している。政府スポークスマンは先週、プラユット氏が、連立政権の中核であるパラン・プラチャラート党(PPRP)が自分を次期総選挙に向けて首相候補に指名したことに対し、謝意を表明したと明らかにした。同スポークスマンによると、プラユット氏はPPRPに対して、自分に信頼を置いてくれたことに感謝したという。
[首相の不信任審議の余波ー与党内の不協和音と野党の幹部世代交代]の続きを読む
スポンサーサイト