fc2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
PM_1923.jpg
セター政権の本番
―公約のデジタルマネーの配布が可能か?

セター政権の滑り出しは、実業家出身のセター首相らしく、内外に飛び回って、海外の要人とも積極的に会ってきた。周辺国とはもちろん米国、中国、ロシアの首脳とも会ってきた。
12月にはアセアンと日本と関係が50周年という節目で、日本の岸田首相をはじめ、アセアン各国の首脳とも再会をしている。
国内の経済復興には、投資を呼び込み、観光客の誘致が不可欠であり、後者に向けての活動も進めてきた。前者の投資については、タイ政府投資委員会BOIの投資実績に見るように東部経済回廊EECについてはまずまずの動きであろう。課題は、タイ国の全域に及ぶ経済成長の効果がどこまで波及するか、である。

11月の米国サンフランシスコで開催されたAPEC首脳会議のサイドイベントで、タイ政府は南部経済回廊の一角ともなるLand Bridge構想を打ち出した。1兆バーツ(日本円で約4兆円)の投資をする構想であるが、関心を示しているという中国やサウジの投資が実現するのかどうか、である。政府の投資が大半で、官民協調事業(PPP)として民間の資本を招くというが、果たしてどうか?投資誘致のキャンペーンは動き出したが、実現までの道のりが見えてこない。

同時に、イスラエルとハマスの紛争で、イスラエルを非難するイスラム諸国が応援する一部が航海での海賊行為もある。米国はそれを抑えるため海軍を紅海に送っているが、抑え込むにはロケット、ドローンなどの攻撃を抑えきれないのではないか。スエズ運河経由の海運にも影が差している。そうすると、タイのランドブリッジの効果がどこまで発揮するのか?アフリカ南端の喜望峰を経由する航路を取る場合は、ランドブリッジの短縮など、取るに足りない航路の短縮となる。
[公約のデジタルマネーの配布が可能か?]の続きを読む
スポンサーサイト