FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
アセアン首脳会議、6/22-6/23バンコクで開催
アセアンの第34回首脳会議はバンコクで開催された。10か国の首脳がバンコクに集まった。今やアセアンは1967年に発足以来、各国の一人当たりのGDPは33倍にもなり、GDPも28兆ドルにもなった。10年前にバンコクで提唱した各国の接続性はインフラ、金融、デジタル分野では大きく向上した。
昨年はシンガポールが議長国であったが、2019年はタイが議長国になった。
今年のテーマは「持続可能性を求めさらなるパートナーシップ」である。
3つの分野がある。1)デジタル・アセアンで、未来志向である。2)パートナーシップ、スキ間がないアセアン、接続性がすべてに。3)持続成長、すべての分野での持続成長が。
ASEAN.jpg
大きなテーマが掲げられているが、全体会議とは別に、アセアン各国が個別の首脳会談を行う機会でもある。
例えば、ロヒンガ族のミャンマーからの逃亡で各国が受け入れている数十万人が、本国であるバングラデシュに無事、帰国させるという課題も関係各国で協議をされた。
アセアンと、中国、インド、日本など6か国で形成するRCEPについても協議をされているようだが、漏れてくるニュースでは大きな進展があるようには見えない。
経済圏構想から2国間協議が世界の経済を変える動きになって、アセアンのように緩やかであるが、確実に成長する経済圏も必要であろう。
個別の議論を紹介する前に、アセアンを一つの経済圏としてどこまで他の経済圏と交流が深められるのか、注目をしておく課題であろう(2019.6.24)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1056-427c3755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック