FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
アマタの日系企業会が「個人情報保護法」の勉強会
―講師のPWCとの連携は弊社が
Jpark chonburi

OVTAの公開講座をやれないか、との問い合わせから進めた「個人情報保護法」の勉強会であるが、日系企業会のメンバーだけの会で、公開はできない、との結果になった。
それでも40名近い参加であるため、講師のPWCは協力していただいた。
MR KATO,PWC
内容は次の通り。
個人情報の権利と保護を目的に、企業として取り組むべき点は次の5点。
1.データ保護責任者の任命
2.個人情報の見極めと管理の見直し
3.個人情報の収集と利用同意の取得
4.個人情報権利者の権利の理解
5.個人情報漏洩時の事故対応

内容は、日本の個人情報保護法の内容よりも、EU方式に近い。
質疑応答は、次の通り。
Q1 個人情報の管理を民間に義務付けられるのは良いが、情報を集めたいという官庁側の管理はどうなるのか?
A1.個人情報保護法と同時に「サイバーセキュリテイ法」が制定された。この法律によって、政府、官公庁の義務が大きくなる。

Q2.求人など、毎週のように人材情報が送られてくる。採用する人材の情報管理は良いのだが、不採用になった人材の情報はどう管理すべきか?
A2.マス、人材紹介会社は、個人情報の活用で、最初に同意を得ている。利用者としても、不要なものは破棄をすべきではないか。
Q3.管理者と処理者の役割はどう考えるべきか?
A3.その管理の仕方なども含めて、調達の基準を考えるべきではないか?

Q4.日本人会では、困った人材、Black情報も共有してきた。今後は、このような情報はどう考えるべきか?
A4.良い人材の情報を共有する方向で考えれないか。なかなか悩ましい問題ではあるが。。。

その後、懇親会もあったが、2年前にAMATAであってから知り合いになった方が、来月からインドネシアに転勤されることになった。
バンコクまで一緒に戻り、最後にお別れ会をやったのである。
MR MATSUO
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1058-c43407bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック