FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
8/28のTILOG開会式でも挨拶をされたMr.Jurin副首相兼商業相はタイ製品の輸出拡大に3つの戦略があると説明をされた。1.世界の主要な市場の確保 2.今まで取引が無い国、市場を発掘する、3.既存の市場を再度、活性化させるというもの。

政府は、民間と協調しタイの物流業界を発展させるため物流部門の能力向上を目標に掲げている。
商業省はタイ経済の輸出部門、国内の取引の活性化を図るという役割を担っている。
地域の物流を拡大させると同時にタイ企業を支援して貿易と投資がよりオープンな輸送を目指すことである。そこで、効果的な物流管理がタイの製品やサービスが国際市場に容易にアクセスできる機会を作れるのである
これは、どの企業でも行えるヒントである。まず、主要製品の市場をしっかりと確保する必要がある。同時に、その商品が行き渡っていない市場、自社にとっては未開拓でも、まだまだ売りこめる市場はある。しかも、すでにある市場でも、既存の商品以外でも新しい商品を掘り出し、そのラインで売り込めるものが無いか、考えるべきであろう。

物流関係の優秀な企業を推奨するExcellent Logistics Management Award(ELMA2019)の表彰があった。今年で13回目である。受賞した企業は次の3社。
1)JPK Cold Storage 社、Mr.Jitchai Nimitpanya CEO(倉庫部門)
2)LEO Global Lgistics社、Mr.Kettivis Sittisoontornwong 、創業者兼CEO(国際運送業者部門)
3)ThaiSomdej Service 社、Mr.Visarn Chansate 社長(関税ブローカー部門)
今回のThailogの特徴を3点紹介すると、3日間、毎日「国際物流」に関するForumや「変化と協調」をテーマにしたシンポジウムなど明日の物流を考える20のセミナーの開催、ELMA企業などの優秀な物流企業の紹介、物流関係のスタートアップ企業の紹介コーナーがあった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1061-f2da9546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック