FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
-11月2日から4日までタイで開催した首脳会議
会議のテーマは「サステナビリテイーのためのパートナーの推進」である。
バンコクでは11月に入ると主要な道路に警官の姿を多く見るようになった。11月4日は官庁の臨時休日。学校なども臨時で休みにしたところが多かった。
第35回アセアン首脳会議は議長国がタイということから、年頭から今まで閣僚レベルの協議が行われていた。アセアン+3首脳会議(日本、中国、韓国)アセアン+6首脳会議(日本、中国、韓国、インド、ニュージーランド、オーストラリア)東アジア首脳会議(アセアン+6にロシアと米国が入る)も同時に開催された。
プラユット首相は、開会のあいさつでアセアンの経済統合の重要性、特にアセアンの運輸、交通の改善と、接続性の向上がアセアンの基盤を強くすると、表明をしていた。
タイの経済成長を今一段押し上げるには、アジア地域包括的経済連携(RCEP)が重要で、今回の首脳会議ではこの課題が最終の首脳会議で前進するのかどうか、が注目されていた。
hispeed-train_banner(s).jpg
最終の合意を速報ベースでみると、アセアン域内の交通網整備と中国の広域経済圏構想「一帯一路」を一体化させることで合意した。中国の資金力に期待するアセアン側と、東南アジアに基盤を築き、西方進出の足掛かりにしたい中国の思惑が一致した、と報じられている。
米国大統領の参加が無く、ロシアもメルベデフ首相が参加した段階で、注目される課題の前進が見られなかったのである。日本とアセアンとの関係は既に42年間にもおよびアセアン+3などは第22回のアセアン首脳会議から参加をしてきた。中国のプレゼンスが高まり、米国の影響が弱まる中で、日本としてはアセアンとどのような付き合いをすればよいのであろうか?(
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1069-2915875c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック