バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
インタースクールが集まるミュージック・ワークショップ

FEBISIA consert

11月5日から、次男がパタヤに行った。
アジア各国のインターナショナルスクールの音楽を学ぶ生徒が集まり、合同練習。
FEBISIAという名称で、音楽以外のスポーツ交流もある。
学校を休んでいくため、その前に宿題など済ませることが必要。
楽しみながら、5日間を過ごす機会である。
我々は、最終日の演奏会に
pataya


11月11日バンコク東部にあるエカマイから、バスでパタヤに行った。正確にはJOMTIEN海岸に近く、パタヤではないことから安易にホテルを取れると思った。ところが、Amabassadar ホテルは返事が来なかった。
仕方なしに、Charleyというコテージの集まったホテルを予約。

当初は、ホテルに荷物を置いていく予定が、バンコクから直行のバスでないため、会場に直行することになった。

演奏会が終わってからが、大変。一緒にいった長男は次男のとまるホテルにもぐりこんだ。
夜10時前後のJOMTIENのタクシーは高額であった。バンコクでは35バーツでいけるところを400バーツと吹っかけてくる。
国道まででて、二輪にのっている青年がいたので捕まえた。
頼んで乗せてもらうが、行き先を知らないとのこと。
電話をしながら、何とか到着。

Jomtien

翌朝、海がきれい。
パタヤのイメージは、人が多くて海岸もごみごみしているかと思いきや、数キロ南にあるJOMTIEN海岸すがすがしかった。

長男が、我々のいるCharleyまで来た。
遅い朝食をとると、急に帰りたい、とのたまう。

JOMTIENの街中も見ないで、演奏会だけのためのJOMTIEN往復だった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/108-af88cdd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック