FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
コラートの殺戮事件から指摘されたタイ陸軍の課題と展望

2月8-9日にナコンラチャシマ県(コラート)の商業施設ターミナル21で犯人を含む被害者、合計30名の死者がでた。10日に市内中心部にあるスラナリ記念公園に犠牲者を悼む追悼に多数の市民が参加した。また、先週15日の週末には僧侶1万人が参加して慰霊祭が行われた。
タイだけではなく日本のマスコミなどでも事件の報道もあった。2/16のバンコクポストの特集によると陸軍のサイドビジネスにはメスが入るらしい。
P_20200216_145129army camp
(写真は陸軍の基地)
経過を省略して、アピラック将軍が約束する改革案は次の通り。
P_20200216_095803 apilak promise

陸軍の改革項目(7点)
1. 陸軍が管理してきた事業を財務省による管理に移管
2. 退役軍人が、陸軍の管理する住居からの撤去(ただし、首相など一部は例外を認める)
3. 将軍など高位の軍幹部による兵器や軍が関係するビジネスに関与することを禁止
4. 軍内部の福利厚生に関する例外を撲滅する
5. 軍人採用や人事異動の不透明性を無くす
6. 下級兵士の不公平な取り扱いに対するオンラインでの苦情受付機関を設置
7. 陸軍の各部隊の司令官は英語の能力と身体上の健康維持に努める、以上。
今後の推移を見ておく課題である。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1084-1fc835f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック