FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
2020年2月18日のJCC景気討論会
当日は、コロナウイルスの蔓延がその内治まり、タイ社会も平静を取り戻すか、と期待されたが、3月末まで罹災者2000人近くが増え、死者も2桁になった。
タイ政府は、海外とのつなぐ観光が重要であると理解しつつも、コロナウイルス撲滅のため、一時的に海外からの入国を止める措置をとった。
P_20200218_134520jcc.jpg
3月25日には、非常事態宣言を発令し、いつでも外出禁止を命令できるまでになっている。
4月1日からは、TGの国際便は5/30まで休止をはじめ、国内でも航空機や遠距離バスは休止。ラオス、カンボジア向けの国際バスも4/30までは動かない。
国鉄も4/1から特急、急行、寝台列車は休止。普通車のみ運行。乗り継げば、終着駅まで行ける。ただし、南部3県は、県内の移動のみで、県外への移動は、食料、医療および公務関係者以外は禁止された。そのため、国鉄の南部向けはハジャイが終着となった。
JCCのデジタル部会はweb会議に
4/2に予定されていたでデジタル部会は,web会議になった。
使用するソフトはZOOM.
会員は半分が自宅、半分は会社から参加。
1部の会社は、外部のソフトまたは公開されたweb会議には参加できないと、返事があった。

内容は、議長である部会長が、参加者の参加状態を確認。
参加者全員の顔が見える。
参加者からは、全員の顔が見えない。

資料は、映像で見たが、後日、送信されるのを待ちことになった。

全員の顔を見ながらの会議ではないが、情報を伝えるだけなら、有効。
意見交換が出来るためには、相互の顔が見える方がいい。

経験としては、興味深いweb会議であった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1087-21c2613f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック