FC2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
家のバナナが病気
P_20200623_174709_house 4
20年前のことであるが、タイに駐在した先輩から、バナナはどこでも生えていて、モノがないとバナナを食べられる国がタイであると聞いた。
それだけ食料が豊富な国である。食料自給率が150%を超える。米も果物も豊富に輸出できる国だと聞いてタイに来た。
2000年当時のことであるが、確かにコメをはじめ食料の輸出が輸出品目の10位以内には入っていた。
2019年のコメ輸出大国は、1位がインド、2位がタイ、3位がベトナム、4位がパキスタン、5位が米国であった。
2020年1-5月の輸出実績では、1位はインド、2位がベトナム、3位がタイ、4位はパキスタン、5位が米国になる。

しかし、昨日のバンコクポストよれば、タイは主要米穀輸出国から落ちそうである。2018年1820万バーツ、2019年1310万バーツが2020年1-5月で542万バーツで2019年同時期は624万バーツからするとマイナス13.2%である。
同時期の輸出先は、米国33万トン(41.2%上昇)、南アフリカ23万トン(マイナス12.6%)、アンゴラ19万トン(マイナス1.5%)、中国12万トン(マイナス41.6%)、日本11万トン(7.9%上昇)
主要な銘柄を重量で見ると、2020年の1-5月期でHom MaliやFragrant(香り米)は7073億トン(12.7%)、3176億トン(40.6%)の増加であるが、5%以内のくず米も入れて白米は9632億トン(マイナス43.4%)、半加工米4713億トン(マイナス57.1%)、もち米は1147億トン(マイナス7.9%)である。

米だけではなく果物は
P_20200718_093626_banana disease
最初に紹介したバナナは我が家でも実をなってくれていたが、一昨日様子をみると先から黒くなってきた。病気である。世界的にも新パナマ病と言うバナナ特有の病気もあるが、タイでも半年前から、バナナの不作が報じられている。
我が家のバナナは、結局実を太らせる間もなく、細い状態で病気にななり、家人の手で伐採された。

コロナ過で、農民の所得を守るには、米作が主体であるとしても、次いで果物の収穫も大きい。
ドリアンは確かに、果物の王様で、今年は中国向けに特別に出荷もされたが、マンゴー、マンゴスチン、ライチ―、パパイヤなど、その他の果物も、干ばつの影響を受けているようだ。
これは、別途機会を見て紹介をする。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1104-0e7ba507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック