fc2ブログ
バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
外国人観光客へ入国の開放に反対が
―プラユット首相のTV放映に対して反対が

6月27日コロナ管理委員会(CCSA,委員長、プラユット首相)に報告されたタイのコロナによる
死者は3995人になった。コロナの発生以来の延べ感染者数は244,447人である。
感染者数の数でも、当日発表の数字では、バンコクが1370人、次いでサムットサコン(289)、
サムットプラカン(231)ノンタブリ(195)となっている。

そこで、バンコクのロックダウンが議論されたが、CCSAは、クラスターとなった建設労働者の
宿舎は1か月の閉鎖となったが、首都全体のロックダウンは先延ばしとなった。
もし、バンコクのロックダウンを発令すると、仕事がなくなる労働者が地方に離散するため、
却ってコロナを感染者を増やす恐れがあるから、という意見があった。

この発令に対して、タイ工業連盟(FTI)は、建設現場の1か月の閉鎖では、バンコクの感染者の
減少にならない、と意見がでている。スパント会長は、「建設現場の閉鎖は根本的な解決策ではない、
と認めるべきだ。政府としては、一般大衆向けのワクチン接種を進めるべきだ」と発言をしている。
今できることはタイ国民が自らの防衛策しかない、とまで言われる。

さて、6月15日TV放送でプラユット首相が120日内にタイを外国人観光客にも開放する、と宣言したが、
それに対して国民はどう見ているのであろうか?すでに、このメルマガでも6月6日にプーケットが7月に
開放されることと、その後も各地が順次開放されることは紹介した。それに対して、2つの世論調査が
公表されている。

6月27日のバンコクポスト紙では、以下の通り。
1)NIDA大学院の調査では、大多数の73.46%の対象者が首相の開放策に反対であると表明。
この調査は、6月22-25日に15歳以上の学歴を区別せず1311人を電話で調査をしたものである。
反対という人の53. 55%が政府はパンダミックはまだコントロールできていない、として開放する時期を
延ばすべきであると意見を出している。政府の政策に賛同するのは19.91%であった。

2)スワンドシットラチャパット大学(Suan Dusit poll)では、6月21-24日にオンラインで3320人から回答を
得ている。その結果は、NIDAの調査と似ている。
39.88%の対象者は、首相の開放策に反対。21.64%は開放策は実施できない、というもの。
従って、過半数の28.22%が首相の発言に反対。25.90%が開放策に賛成。のこり15.88%は無回答(不明)
では、我々はどう考えるのか?

 国を指導する立場であれば、生命の維持、安全を第一に運営をして来たが、同時に観光を中心とした
タイ経済では厳しい分野も多い、特にホテル業界は地域によれば80%近いホテルが閉鎖している
ところもあり、業界関係者は、一日も早い、外国人観光客の入国と、世界に対してタイは観光客を
歓迎している、というメッセージを出したいのであろう。なぜなら、すでに夏の旅行シーズンでは、
タイ以外の国では観光客の受け入れを始めた、というニュースもあった。これらの業界関係者は、
早い開放を指示されるのであろう。
 一方、根本的な解決にならない、ロックダウンも含めて、一斉に人の動きを止めるべきである、
という意見もある。
このあたりのバランスを見て、プラユット首相がTV放映されたのであろう。その背景には、
コロナワクチンは必要量を確保していること、をアピールしたかったのかもしれない。
しかし、バンコクの公立病院ではコロナの重症者を受け入れる余地がほとんどないこと、地方の一部の
病院関係者も感染して、病院自体が閉鎖に追い込まれているところもある。
自らの生命、安全を確保するには、自らの意見を出すとともに、自己防衛策がとっているのか、
が重要ではないか(2021.6.28)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/1170-a6274366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック