バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
これほどあるのか
ー子供が海外に留学するための申請書類

昨年から、長男が海外に行くということで準備をしていたが、いざ行く先の学生ビザを取る段階になってあわててしまった。

日本人家族が海外で駐在している場合、現地の高校、大学に入るには駐在しているときのビサ、住居証明などそのままである。入学許可証とともに新しく用意するのは学費が支払えるか、という書類がいる。
ところが、駐在している国から海外に行くとなると必要な書類は増える。
まず、現地の日本大使館に在留届を出している証明書(1日)
子供の保護者であるという証明も簡単に出るかと思うと、日本の本籍のある役場で6ヶ月以内に発行された戸籍正本がいる。急いで、日本にいる兄に電話で戸籍謄本を取得のお願いをした。役場に聞くと、個人情報管理の関係で、兄弟なら謄本が取れるとのこと。(1週間)
急いで送ってもらい、大使館に届ける。(1日)


embassy of Japan,in bangkok

ところが、これだけでは済まなかった
タイ警察で、無犯罪証明が
ー同時に、日本の警察の証明も

留学するのは,ニュージーランド。学生ビザを取得するするための必要書類を見てゆくと、5年以上居住する国、タイの警察の証明が必要。
同時に、国籍のある国の警察からも証明書が必要とのこと。

タイ警察に、子供が手続きに行くと申請して2週間は必要とのこと。

また、日本大使館に聞くと警察からも証明書は2ヶ月は必要とのこと。急ぎの場合は、ほとんど帰国して本籍のある県の警察本部を経由して警視庁の証明をもらう、のだそうだ。

子供は2年前に、パスポートを更新。そのときに警察は本人の犯罪歴も調べるのではないのか?つまり、2回もパスポートを発行すると、その時点まで犯罪が犯していないとの証明では?
厳密にいうと、旅券法の規定では、ある犯罪を犯している場合、控訴されている場合など発給を制限できる、らしい。厳密にいうと些少な交通事故でも発行はされる。らしい。

police head office


留学のため出発予定は、2月中旬。早く出発して、現地でオリエンテーションも受けたい。
こうなると、学生ビザ無しで出発して、現地で申請をすることになるのか?
現地で、書類を集めとなると大変である。

最終的に留学する予定の大使館と相談するしか方法が無い。たまたま、今まで通っていたインターの校長がニュージーランド人のため、校長を通じて大使館に相談をしてもらうことになった。
未だ、結論が出ていないが、次回には報告ができるのでは・・・
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/119-162b3ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック