バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
日本の中古自動車業界はタイと日本のFTAでメリットがあるのか

メルセデス・ベンツ 190クラス




久しぶりの日本出張で、自動車業界関係者のお話を伺う機会があった。

業界20年のS氏によると、日本の中古自動車販売業界の主流はオークション

になった、とのこと。

確かにインターネットオークションに出る車の種類、状態、価格は瞬時に

わかることから便利になった。

また、車の写真が1枚しかなくとも、中古車査定員の資格を持つ人のランク付けで、

車が売れている。北海道にある車が、鹿児島に売れる事例もある。

出展料が15,000円、売れた場合の手数料15,000円、運送料20,000円で売れるわけだ。

かっては、新車を購入する場合、販売店との交渉で、今までの車を高く買い取る

ことで、実質値引きをしていた。

ところが、いまや下取りよりも買取、また買取よりもオークションに出して

高く売る所有者が増えた。

日本国内の自動車の登録が4-5000万台とすると、毎日のように売れている。

ところで、4月3日に締結した日タイ経済連携(実質の中身はFTA自由貿易協定と

サービス、投資協定)によってタイ国内の新しい自動車の輸入と販売には影響を受ける。

言い換えると、日本の3,000CC以上の車が関税を下げて輸入されると、

タイ国内の大型車の市場価格が下がる可能性が出てきた。

しかし、タイでは中古車の輸入は原則、許可がされない。

日本国内の中古車の売れ先が増えるためにも、タイは中古車の輸入にも

なんらかの規制緩和が認められないものか?







関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
はじめまして、よく参考にしています。また遊びにきます!
2008/10/23(木) 14:32 | URL | ハナエ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/128-8840e1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック