バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
マレーシアの友人から相談があった。

マレーシアのある州からの木材の案件。
「材木のバイヤーを探しておりますので、と照会ください」
というもの。
単にバイヤーを探すのではなく、その背景を知ることが
重要になってきた。

マレーシアの材木 メランテイ2 

資源開発と環境問題の輻輳することが、これからの発展途上国の課題である。

1.依頼主 マレーシアの友人
2.内容 下記の種類の材木のバイヤーを探す。
3.樹種、数量 個別に相談
(樹木)
 1) Meranti (メランティ、写真の樹種)
 2) Seraya (セラヤ)
 3) Kapur (カプール)
4.用途 家具、建築、床材、内装材
5. リスク ある資料によると有数の熱帯木材生産地であるインドネシア、マレーシアにおいて、違法伐採・貿易問題の根は深く、森林管理行政が阻害されていることが多い。このため、「取引のリスクはある」といわれる。もちろんこの点の事前調査も踏まえての照会である。

マレーシアの材木 メランティ1


6. 対策 発展途上国の資源開発については、環境問題との関連が重要である。今回の友人の要請はこのような事情もわかっているので、予めリスク対策を講ずる予定。

7. その他 ご興味のある方があれば、遠慮なくご一報ください。
  e-mail;takagi@inet.co.th



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/139-d79ec56c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック