バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
工場の突然閉鎖に怒る労働者

今朝7/12のバンコクポストでスワンナプーん空港周辺のキンケオ道路が解雇された労働者が封鎖している写真が大きく掲載されていた。
たまたま午後、付近を通ると8車線道路の半分が労働者であふれて、残る半分の4車線を交互に行き来するようになっており、車が大渋滞であった。
解雇された労働者、道路を封鎖


新聞記事によると、タイ シルプ 東南アジア輸出入会社が、周辺国に工場を移転させるとして予告もなく突然工場を閉鎖したため、怒った労働者5000人が新空港に通じる道路を閉鎖したもの。

また、周辺に本社を構えるG社の労務担当マネジャーにたずねると、女性経営者は既に香港に国外退去した模様。
タイ繊維労働組合の幹部によると、ここ数ヶ月の急激なドル上昇によって、繊維業界各社は同様の問題を抱えており、いつ閉鎖になるかわからない、とのこと。

タイ労働法の規定により、工場閉鎖に伴う解雇手当など労働者全員に支給する資金総額は1億5000万バーツ(最近のバーツ、円の為替相場を1バーツ4円と見ると、約6億円程度)必要になる。
また、社会保険の規定により解雇されてから180日間は最終の給与の50%が受給することができる。

同社の労働者の80%が小学校だけの学歴の女性で、全員の35%は40歳またはそれ以上である。

地元労働事務所、県知事だけではなくタイ政府労働省も本件には関心を寄せており、同社のヤオワラット オンオパス専務とピパン オンオパス幹部は県庁にて労働者と交渉をすると約束をした。

最後に、警察官が周辺に多数配置されており「民事不介入」の原則はどうなったかと懸念したが、さすがに道路を封鎖されたことから交通整理を名目に地元警察が多数動員をされたもの。

ストを見守る付近の住民

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/147-bd65f167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック