バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
アナンタサマコム宮殿とは

毎年1月のはじめしか一般市民に公開していない歴史的な建物が、このアナンタ サマコム宮殿である。
タイ国王の即位60周年、生誕80歳をお祝いして宮殿には展示物が飾られている。
1/6日曜日、家族そろって見に行った。
1.タイ人といえども、女性はタイ式の服装を身につけることが原則。
 はだしを見せたズボンではだめで、スカートのように布を腰に巻いて入る。
2.写真は禁止。
3.入場料は、大人100バーツ、学生は半額。

館内に入ると、タイ人が家族と一緒に宝物を見ている。
アナンタ サマコム宮殿2-1
元々の建物は、国会議事堂である。
開国して西洋式の建物が多く作られた時代の様式を反映している。

さて、現在のタイの国会議事堂はこの隣にある。
12/23の総選挙のあと、まだ議席のすべてが確定していない。
一部は選挙違反でレッドカードを出されて、再選挙となっている。
大層は、人力党が指導する政権になる見込みである。
ただし、首相はだれかまだ確定はしていない。
来週には決まる予定である。

元国会議事堂
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/168-ef92f4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック