バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
バンコク市内の随所に鉄道建設、ビル建設が

新空港路線

ようやく民政化したタイ政府であるが、国内の鉄道整備には海外の資金を導入。
たとえば、地下鉄の延伸にはJBICの融資が承認されている。スラユット軍事政権でもタイ政府はJBICにインフラ整備資金の提供を求めたが、何かと理由をつけて承認をしなかった。ところが、サマック政権になって実行を決定。

一方、タイ政府は周辺国には自らのリスクで援助と、融資を行っている。
たとえば、タクシン首相時代に内定したミャンマーの水力ダムへのタイ輸出入銀行の融資はサマック首相の訪問時に再開を宣言。
3月31日にはラオス訪問をしたサマック首相は国境を越えた鉄道の延伸にもタイの援助と融資が行うことを説明をしている。
海外との付き合い方のうまさを感じる。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/179-b8e369b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック