バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タイでは見慣れた風景だが
広告3-2

バンコク市内を走る高架鉄道BTSの車両は、開業した当初こそ小さな広告しか車両に無かったが、今や全体が動く広告列車になっている。
向かいのホームからだけではなく、市内を走る列車が見えるところでは遠くからでも広告が見える。

広告3-3

広告主は、あるタイの食品メーカーだが、今までの海外展開から国内に販売を強化する時に使った一環であろう。
今までなら

広告3-1

日本でも今までなら、駅舎の掲示板広告。
ところが、人が動くところに広告がついて回る。
列車内でもTVがあって、動く広告を。
このため通勤客、観光客にもアピールするものがBTSを使う。
TVだけではなく、市内には多くにモニターTVがあって、これを有効に活用している。

翻って、日本ならどうか、考えてみよう。
前例が無いから。
効果が不明だから・・・などやらない理由はいくつも挙げられる。

では、少なくともやってみましょう。
実験をしましょうという「勇気」はどこに?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/224-054b4e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック