バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
何気なく見ていた広告が
駅の広告はタイ料理、中華?

タイ最大の食関連の財閥がCPグループである。上の広告はCPグループの広告。畜産用の飼料から始まり、鶏、えびの養殖、豚の養殖といったアグロビジネスから、今や冷凍食品、タイ料理レストランの展開にいたる。中国だけではなく、インドネシア、ベトナムでもビジネスを展開する。ベトナムでの事業は苦戦しているという情報もある。

同時に、中華系グループ特有の不動産ビジネスを展開して、今や小平時代から中国全土の主要都市にはCPの土地がある、といわれる。グループの代表は、中国経済界の重鎮との言われる。

タイでは、上記のビジネスに加えてIT関連事業が大きい。TRUEといった携帯電話を始め、通信事業、衛星放送なども傘下に収めた。

現在のバーツ高から輸出よりも国内の消費拡大を狙うため、まずバンコクの高架鉄道にCP冷凍食品のPRを展開。足元からビジネスを固めているようだ。
中華粥の店
繁華街Silomに中華粥の店

中華系のタイ人は朝から点心を好む。またお粥が良く売れる。
バンコクでは、小生が好きな中華粥の店はNANAにあった。SWISS PARK HOTELの1階がそれ。
先日、SILOMに事務所を置く友人と一緒に昼食を誘ったら新しい店をと紹介されたのが中華粥の店。店内に2008年スタートとある。チェーン展開らしく、マニュアルに従った接客がされている。

味も悪くない。値段も手ごろだから、たぶん繁華街では受けるだろう。
今までタイは日本食ブームだと見ていたが、北京オリンピックを機に、中国ブームが起こる可能性もある。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/14(月) 10:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/227-c5ecdbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック