バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
子供に連れられて
Hahidol University Saraya
7/18の夕方、バンコクの郊外にあるマヒドン大学を訪問。
19時から始まる、シンフォニーコンサートに、世界的に有名なパーカッション奏者が出演するので、同行することになった。
タイの音楽に始まり、グリンカ作曲のロシアとルヅミラ、ハイドン作曲のシンフォニー104 ロンドン。
途中休憩を挟んで、いよいよ。
Spices、Perfumes,ToxinstというAvner Darmanの曲。

音楽は音の集まりだとつくづく思った。
その集まりを、二人のパーカッション奏者が、オーケストラとうまく協演。

久しぶりにクラシックに浸った夜となった。
Rercada Du
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/232-99e243a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック