バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タイは製造業の拠点(下)
 ―市場構造は国内と輸出のバランスが取れているのか
1)タイの製造業の発展の歴史を振り返ると、日本から繊維産業の進出が早かった。
その後、縫製産業も発達して、中国とは別の市場を開拓。この延長として、機械加工が発展し、自動車部品、電気部品の製造業も東南アジアの拠点としてタイを活用してきた。
第1の条件として、安価な労働力を手に入れて、コストが削減できること
第2は、新規の市場開拓がやりやすいこと。
2)また、そのための条件として、
1. 政情不安、人心の不安がなくて経済運営が政治に左右されない
2. 日本から比較的近いこと
3. 製品の主要原料が近くにあること、などが海外進出の良い条件と見られてきた。

3)第1回目に説明したように、タイを製造業の拠点として考えた場合、制約条件はいくつもある。技能の蓄積があまりないことから、わずかの企業進出で、優秀な技能者、管理者が流出する恐れがあること。安価な労働力に関しては、タイ政府もラオス、カンボジア、ミャンマーから労働力を正規のルートで流入する仕組みを考えており、量の確保については、比較的確保できる道ができてきた。
4)ところが、新規の市場開拓がやりやすいかどうか、についてはまだまだ研究の余地がある。特に、電子電気部品に関しては、HDDのように最終製品がタイ国内で受け入れられるかどうか、未知の分野もある。
自動車産業については、最終メーカーが欧米もあわせてタイに集結したことから、部品製造業としては製造業の拠点としての可能性が高いからだと見られる。
5)その際、今までは貿易によって主要原料が国内から調達できなくても、比較的安価に輸入によって調達ができていたが、今後は鉄鋼原料に見られるように、主要原料の確保も重要な要素となっている。
この意味で、タイの国内では、どの程度まで主要原料が確保できるのか、また将来も確保するためにどこまでタイ政府が優遇措置を出しているのか、見ていく必要がある。

6)筆者としては、タイは製造業の拠点になっているといえるものの、電子部品、電子機器のように相対的な優位性だけでは、その拠点は移動することを忘れてはならない。
たとえば、マレーシアは電子部品の加工ではアジアの拠点であったが、日系企業に例をとると、タイに移管した企業グループもあり、永遠にマレーシアは拠点だとはいえなくなった。
つまり、立地競争では絶えず、周辺国の動きを見て、長期的な視点からタイの置かれている状況を判断する必要がある。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/237-fb75eedb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック