バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
あっけない別れ
BTSエカマイ駅前のお寺
タイに駐在して9年目。初めてお会いする方もあるが、この地でお別れをする人もある。
Yさんは、独立してからお世話になった方である。
自宅にも奥様と一緒にお招きしたこともある。
個人事務所として何も仕事が無い時代に、あるタイの会計事務所が日本人マーケットを拡大するためのセミナーを開くことになった。Yさんがそのオーナーとの旧知の関係で、日本人市場へのPRの相談を受けて、早速弊社に用命をいただいたことがある。
その後も、日本人ビジネスマンの勉強会を一緒に数年開催してきた。その会の役員として、われわれ幹事の後ろ支えをしていただいた。

ところが、数日前に息子様から急なお知らせがあった。
あまりにも急な
立ち並ぶ供花
1ヶ月前から入院されたB病院で、肺炎のため急逝。享年72歳である。
6月には、セミナー準備のためタイ労働省に一緒したあと、その後何かとメイルを差し上げても返事が無いので、てっきり日本への出張と思っていた。
まさかB病院に1ヶ月も入院をされていたとは。
先日の風邪で、小生も検査を受けた病院でもある。
薬のアレルギーで、次回は言わねばならないと思っていたが、またこのようなことでは足が遠のきそうだ。
下痢からその雑菌が血液に入り、肺炎を引き起こされたようですが、あまりにもあっけない。急なことで驚いた。
まだ建設中のお堂も
今思い出すと、2006年の9.19クーデターも2ヶ月前からきな臭いと、言われていた。リスクはどこにあるか、わからないから注意が必要だといわれていたが、まさか1992年のクーデター以来、再度クーデターが起こるとは予想もしなかった。Y氏の友人から、注意をするように警告を受けられていたようだ。
それだけ真の情報を受ける友人があったということ。

改めて、ご冥福を祈ります。
合掌。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/240-4017c95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック