バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
息子がNYに
 誰しもタイから米国に行くには、日本や台湾など経由する東行きだと思っていた。
 ところが、息子が使うエアラインはアラブ首長国連邦のドバイがハブ空港。
 バンコクから西に飛んで、ドバイで乗り換えた飛行機で再び西に飛ぶと米国に着く。
 確かに地球儀を見れば、西回りでも東回りでも米国には行けるのだが。
 エチハダ航空は、たしか産油国だけあって燃料サーチャージが安かった。
Air Line


 先日は、日本から来た友人が米国系のUエアラインに乗ってきた。
 日本とバンコク、往復運賃が2万円と安い。
 ところが燃料サーチャージが3万円あまり。
 食事が出るが、飲み物のアルコールは有料。
 ビール1本が5百円では飲みたいとは思わなかったらしい。
 エチハダ航空はどのような運航だろうか?

 
 
ラマダンの期間中は
 実は、9月始めから終わりまでイスラム教徒は断食月、ラマダンである。
 日没から朝までは食事ができるが、西回りだとずっと昼間のこともある。
 そうなると、 エアラインは食事を出すのだろうか?
 
 イスラム教徒以外に食事を出すか、どうか、興味のあるところである。
そういえば、数年前に息子はエジプトでラマダンを経験したことがある。
 エアラインの機内でのラマダンの様子を聞いておこう。

isuram in India
 
 バンコクワシントンDC往復運賃+燃料サーチャージが、調べたエアラインで一番安かった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/254-1dae57c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック