バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ガソリンなら1200バーツ
 タイの友人とBangkokからRayon県まで出かけることになった。乗用車だとガソリンで1Lで10kmも走らない。ガソリン価格が30THB/Lとすれば片道200km、往復400kmを走るのに400km/10kmx30THBで1,200THBかかる。
 このため友人は遠出の場合、ホンダのCRVに乗り換える。昨年、原油が140ドル/ガロンになったときに国内のガソリン価格が30THB/L近くなることから、LPGも使用できるように、トランク部分にタンクを載せ、ガソリン/LPG共用の車になった。そうすると、LPGを使用すると1kmあたり1THBで走る。
 往復400kmなら400THBである。
IMGP2797s LPG
LPG供給所の少なさ
  IMGP2799s LPG2
 問題は、LPGの供給スタンドが少ないことである。バンコクから、バンナトラッド高速道路でチョンブリに入り、モーターウエイに乗り換えて、SIRACHAから国道331に入る。そこにあるPTTのガソリンスタンドに立ち寄ると、2km先にあるという。
 2km近く走って、別のPTTスタンドに立ち寄り、女性の店員に聞くと知らない、という。
 先ほどのスタンドの店員が言った様に、道路の反対にあるということから、数百メートル走ると小さな看板でLPGと書いてある。また、新しいのか、この看板とタイ語の看板のみ。
 近くにあるPTTスタンドの店員すら知らない供給所であった。

 10年近く使用したピックアップは、デイーゼルが高くなったためか、こちらもLPG使用に変えていた。
機器とポンプで3万バーツ程度かかるはずだが、燃料をLPGに変えることにより、1年で元が取り戻せる。
 バンコクに帰る道路でも、大型トラックが運転席の後ろに6本から8本ものLPGポンプを積んでいるものを数台も見かけた。
 タイでも、燃料の引き上げで新しい需要を生み出しているわけである。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/265-b39d4ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック