バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
今日はタイの風景写真で有名な
 タイの写真や絵画を良く見る方が水上マーケットを思い浮かべるのは、ラチャブリ県のナムグンサドワックである。
 写真では紹介できないが、観光客が良く通る道に小さなタイレストランがある。
 味には定評があって、いつしか表通りから中に入ったところで、大きなレストランを開いた。
 あまり宣伝をしないが、近所の方から口コミでお客様が広がっているらしい。

 たまたま、友人がラチャブリにいるので、「近くまで行くよ」と連絡をすると、勤める会社の社長も紹介するということで、夕食もご馳走になった。
 味は確かである。
 エンジニアリング会社で、日本の顧客もあるらしく、同社を訪問するお客様には案内をする定番のレストランらしい。
 ご一緒した方がいうには「今年食べたタイ料理で一番」とか。
 
エンジニアリング30年で100名の会社に
 友人が言うことだから、本当だと思うが、同社は忙しくて、遅いときは会社に寝泊りをしているらしい。
 土日も関係なく、仕事の区切りで2.3日休みを取る程度とか。
 金融不安で仕事が無くなる心配は無いのか、と聞くと、逆にこのようなときだから、コストが安くて信用の置ける、アフターサービスができる会社のため、注文が多くて困っているとか。

Thai engeneering
 
 今回案内いただいたように、水上マーケットは有名でも、夕方行くと閉まっている。
 その様なときでも案内できるレストランは、地道な活動の積み重ねで序序に大きくなったらしい。
 味はもちろんだが、派手さは無くても着実な積み重ねだけだろう。
 ひとつ、勉強をさせてもらった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/275-25b383ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック