バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ロイカトン(灯篭流し)
 ―11月12日満月の夜―
王宮に続くラチャダムヌン道路
先週はベトナム出張のため、11月12日のロイカトン(灯篭流し)には参加できなかった。
11月14日から16日までプミポン国王の姉上、ガラヤニ王女が1月2日に亡くなられて最後のお別れがあった。王宮前に7層の傘を重ねた臨時祭壇が作られ、15日夜、国王の採火で亡骸がだびに付された。16日はお骨拾いで、約1年をかけた一連の葬儀関連行事が19日に終わる。

これまでの期間、タイ政府関連機関、軍関係、警察を始め大手企業、新聞各社の入り口やホームページの1ページ目にはガラヤニ王女の文化振興、音楽振興などの業績をたたえた写真が掲げられてあった。
やはりタイは王国である。
ロイカトンの前に

ロイカトンは祖先を敬い、亡くなった親族を思い出す日でもある。
家内の弟から久しぶりの便りがあったが、事故で長男が亡くなった、との悲報が伝えられてきた。
たまにしか日本に帰らないことと、義弟の家を訪問することも少なくなったが、お見舞いの便りを出したところである。
合掌
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/285-d9c764ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック