バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タリサ中銀総裁
Dr.Tarisa
タイを取り巻く、アジアの金融ネットワークは、形の上だと十分に機能をしているはずであるが、実質は米国発の金融不安で株安、バーツ安が続いている。
 その舵取りをするのが、慶応大学卒業のタリサ総裁。
 新しい財務相の金利引き下げにも屈せず、中銀の独立性を維持しながら、インフレが収まったとして金利を下げた。
 問題は、経済よりも政治。
 国内政治の混乱が、金融政策の採るべき対策を少なくしている。
 
 中銀の見通しではないが、2008年の経済は4.0%を超えるのか、超えないのか?
 政治の混乱が無かったら来年度は2%程度の成長だという人もいるほどである。
 早く政治的混乱が収まらないと、中銀総裁の苦労は続くのである。
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/286-e63c38d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック