バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
休みが続かないとできないこと
 
 年末にカンボジアに行く予定が延期になった。
 そのため時間の余裕ができたので、年頭にカンボジア国内の国道5号線403kmを縦断した。
Sakeoの国境までバス

 プノンペンについて現地の友人との会話
「タイの首相はまた、変わるのか?」と。
 現地の人民党フンセン首相が2008年7月に再選されて引き続き4年間政権を握ることになった。
 それに比べれば、UDD(赤シャツ)に占拠されて、首相ではなく外務省で所信表明演説をしたアビシット首相がどれだけ政権が持つか、との質問になる。

ポイペットに入ると直ぐにカジノが
国境を越えるとカジノが
カンボジア国内、政情が安定するとインフラも改善
今回の短い旅行であったが、カンボジアの紹介されている多くの資料は改定をする必要がある。
 インフラも急速に改善をされていて、現地に居てもカンボジア全体が見えないほど。
 2007年版のカンボジアの地図で、白紙、または計画中の道路は相当進んでいると思える。
 これの確認には、現地の事情に詳しい関係者の取材が必要となる。
Poi Petのバスターミナルから出発

ポイペットに1泊した翌日、プノンペンまで6時間のバス旅行(休憩も入れると結局8時間)
国道の舗装は終わっていた
国道5号線の道路舗装は99%完了、人民党の看板ではないが野党の看板も
P1350556Construction of the bridge
途中、見た橋の工事、カンポンチャンーウドンスク間で国道5号線と交わる2つの道路か

バンコクに戻って、改めてスワンナプーン空港の閉鎖を思い出した
P1350809Suwanapun Airport2009.1.3
確かにインフラを整備しても、最後は使う人、管理する人がどのような思いで使用しているかである。
プノンペンの空港には、空港はカンボジアの顔である、との標語もあった。
また、リキシャには次の標語も張ってあった。
きれいなプノンペンを


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/306-d54eb66f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック