バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
ベトナムの中部,美山温泉
 ベトナムから友人が来た。現地で温泉開発の構想がある、という。
 日本の温泉法に従って分析するとアルカリ温泉という。
 場所はべトナムの中部で、フエからも2時間もかからない土地、美山にある。
 山に登るのだが、帰りは川を船で下れるという。
 建物のイメージはベトナムの先住民族のチャンパのイメージを生かしたいらしい。
 サービスは日本式のSPA & Resortである。
 現在は出資者を募る時期だが、生憎世界不況でなかなか資金が集まらない。
 そこで考えたのが若者の知恵。
 謝礼は出せないが、宿と温泉は提供するから知恵を出して欲しいと、日本中の若者に呼びかけては何か温泉開発で役立つものを提供して欲しい、と呼びかけている。
シニアの知恵は?
 タイのロングステイではないが、シニアの知恵を集めてはどうか?と聞くと、若者ならまとまるがシニアだと分裂する恐れもあるらしい。
 自分が自分が、という自我の強い集団ならまとまるものもまとまらない。
 平均年齢28-29歳のベトナムには若者の知恵がふさわしい、とのこと。


 どなたか、ベトナムに事業資金を投ずる人があれば、一度お問い合わせください。
 友人をご紹介します。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/309-36a1b2b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック