バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
子供達が学校の合宿と言うことで、夫婦2人だけの夕食になった。
そこで、ひさしぶりにシーロムにあるイタリア料理店に出かけた。

生憎、金曜日の夜と言うことで店内は満席。
近くにある、VINOでしばらく待つことになった。

candle at zanotti

ろうそくの明かり、抽象画と黒い制服に身を包んだ従業員。
あのおしゃべりの好きなタイ人がお客様を待つ姿勢で待機している。
「タイ人もしつけをすればやれるんだ」
待つこと、小一時間。
「未だなの?」
「申し訳有りません。空き次第、ご連絡をします」
そこで、10数分。
「お客様、狭い席ですが2人分空きました。
よろしいでしょうか?」
いうまでも無い、空腹がたまらない。
restaurant bar

レストランに入ると、まだバーカウンターで待っている人がいるほど。
席に座り、ワインと料理を注文。
そこを通りがかったのは、元大蔵次官で現在のタイ航空代表取締役のソムチャイヌックさんとタイ人のグループ。
6年前に来た時は西洋人と日本人で一杯の店が、今はタイ人だらけ。
日本人はほとんどいない。
SILOMにあるZANOTTIはバンコクでも味が好評なことと、料金の高いことで有名。
今やタイ人に占領されている。
しかも着ている服も普段着。
一部では誕生日のパーテイをやっているが、そのほかは週末、友人や家族、カップルで来ている人ばかり。
タイの消費が好調な一場面。

何処に行ったのか?日本人。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/31-d9e39e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック