バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
1月の第2土曜日(1/14)はこどもの日でした。
メイドの子供も朝早くから身づくろいをして、メイドとともに近くの政府貯蓄銀行と警察に行ってきました。
政府貯蓄銀行では、建物内で劇をしたり、前庭では仮設テントの店舗がならび玩具やお菓子、ジュースを提供していました。
子供のタイ式武術(ムエタイ)などの実演もあり、似顔絵描きでは行列が出来ています。
色々と子供達を遊ばせる準備がしてあります。
銀行としては預金者獲得に一役ということでしょう。
そのため親と子供が一緒に行って、名前や住所を記載します。
それ以外にBTSや地下鉄は身長1m40cm以下の子供なら無料で乗車できます。これも子供だけでは乗らないが、大人と一緒で乗ることから乗客確保の一環でしょう。


こどもの日の催し06-1-15

警察でも、庭に机を並べて子供達に玩具を無償で提供します。
そう。日本の祭りの光景を思い出しました。
村の家々では訪れる子供達に神様へのお供え(お菓子やお賽銭)を言付けるのと似ています。

そういえば、普通の土曜日と比べ親子連れが多い土曜日でした。

タイでは、老人とともに子供が大事にされます。
例えば、バスや電車に子供連れが乗ってくると、座っていた人が立って
子供に席を譲ることがごく自然です。
(最近は、子供を立たせるケースも出てきましたが・・・)
子供のために06-1-14

1/15NHK朝の番組で日本の「少子化対策」をテーマに猪口邦子・担当大臣など識者の討論会がありましたが、どうも政府や自治体の労働政策、地域政策、企業の取り組みなどに何かを求める議論が中心で、社会全体が子供を大事に育てようという雰囲気が感じられません。

タイでも少子化、高齢化は進みますが、子供を大事にする社会意識はまだまだ残ると思います。
甘やかしすぎる、とも言われますが、社会が妊婦から子持ちの家族を大事にしようという雰囲気が残る限り、まだまだ若いタイ人が増えると思います。

ところで、母の日は8月12日。王妃の誕生日でもあります。
また、父の日は12月5日。国王誕生日です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\r
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/33-aa65e161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック