バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
モーターショーに行って見て

今回のモーターショーを見る目的は3つあった。
1.不況の中で各社はどのような販促を行っているのか
2.インドのTATAはNANOという10万ルピー(約20万円)の低価格車をたしたが、
アジアの各社はどう見ているのか
3.イベント、販促に関して参考になるものはないか?

motor show
今回のショーのテーマがGreen Life on wheelsだが、これを生かしているのか?
演出面では、NO。

BMWの販促は、車を持つ人のライフサイクルを提案していた。
あたかも映画を見るような演出である。
さぞかし、お金がかかったのだろう。
BMW

次は、低価格路線である。
中国製のCherryは小型車で379500THBの車を売り出している。
cherry 397500thb

韓国製のトラック
 タイに多く販売されているPICK up truckに対抗する現代自動車のトラックがある。
Hyundai truck

一方、インドでは低各社をだしたTATA自動車は,CNG対応のPICK UPを出している。
昨年の燃料価格高騰のさなかであれば、注目を集めただろうが、今回のようにガソリン価格が落ち着くと・・・
TATA cng

そのほかの興味深い演出では、プジョーがある。
車ではない。ウエアの演出を見てほしい。
peugeo boutique
白い車を引き立たせるには、この2色になったのだろう。

まだまだ、問題意識を持ってみれば学ぶtころが多い。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/357-a89839ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック