バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
関連会社に同姓の方が

 4/17朝からバンナ地区のS会社を訪問した。大きなビルの1階受付で、社名をいうと無い。
関連会社ならあるだろうと聞くと3階にある。
 受付で、今日尋ねる予定のMさんの名前をだすと、急に工場に行ったらしい。先週関連会社のIさんから紹介をされたはずだが・・・
 今までも急に外出で、ドタキャンには慣れているが、このまま帰るのは残念。生憎、今日は日本人が全員外出。では、Mさんのチームのタイ人に事情だけでも説明をすることにした。

cnetral bangna3

ところが・・・
 紹介をいただいたIさんにも電話をしたが、通じないので、スタッフに聞くと、Mさんは日本の親会社から出向で、仕事も調達関係ということで、すっかり紹介された相手が、急に外出をされたのだと思い込んでしまった。
 ところが、用件も済んで「Mさんによろしく」といって帰る途中、紹介されたIさんから電話。
 「Mさんが待っていたが、お見えにならなかったのですか?」
では、紹介されて携帯にも電話をしたMさんは?
 Iさんに聞くと、「S社は4階で、受付が間違ったのでしょう」、とのこと。
 また、関連会社にもMさんはいるが、S社のMさんとは別人。
central bangna

 携帯に電話をしたMさんも知らないはずだ。
 当初から、本人と電話をしておけばよかったのだが、紹介者頼みで、その方が外出もあって別人とは気がつかず、すれ違いのままになった。

 これでは、最初からフルネームで確認をしておくべきだった。
 たまたま関連会社にも同姓の方がおられて、事情がわからないまま、同じ親会社からの出向として人違いをしてしまった。

 もちろん、お詫びを申し上げたのは言うまでもない。今日の失敗。

(お願い)
ご意見、ご助言は次のwebsite経由で、お送りください。
www.tmo.co.th
関連記事
スポンサーサイト