バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
バンコクの地名

220年を超える首都バンコクにある大きな通りはチャクリ王朝の歴代の王様の名前がつけられている。ラマ1世から現在の王様ラマ9世まである。
DSC00519kING RAMA4
こちらに立っておられるのもラマ6世の像。公園を作った方である。この前の通りがラマ4世通り。


また、市内の多くの公園はインドの仏教聖地の名前を使っているものもある。
DSC00512Lumvini park1
都会のオアシス

早朝、ルンビニ公園に行くと散歩、マラソン、太極拳など運動をしている。
また、日中には多くのカップルが結婚の記念して多くの写真を撮っている。
夕方にもなると、会社からの帰りのサラリーマン、学生がベンチで休んでいる。
大きな通りから少し入っただけで閑静な森の中のようだ。
DSC00515lUMVINI PARK 2

公園都市、Green City構想がある。
電力は太陽光や、風力。代替エネルギーをふんだんに使った都市である。
ガスは使わない、電力だけつかう。
自動車も電気自動車。化石燃料をできるだけ少なくして、緑を生かす構想である。
しかし、言葉だけ先行している嫌いもあって、実態が見えてこない。

アジアの中で,Green Cityにふさわしいのはどこだろうか?
関連記事
スポンサーサイト