バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
新しい副都心がノンタブリ県のチェーンワタナに
Chaing Watana
BTSの終着駅Mo Chitで下車。バスで44か52番()8THB)に乗ると、チェーンワタナまでくる。たまたま、Pak Ret行きの乗り合いタクシーがあったので、Mo Chitから20分程度で到着。25THB。

今まで数年間工事中だったので、大規模開発の全体像が見えなかった。タクシン首相時代から着工。スラユット首相、その後の愛国党の流れを汲んだ政権、アビシット民主党政権でも継続して開発を続けてきた。
ようやく完成した政府合同庁舎がこれ。
DSC00186Chain Watana Street
日本や諸外国の第2副都心構想から

先月の末から移民局がこちらに移転したため、BKK都心に住む者には不便になった。
今までもチェーンワタナ通りは,工事中で渋滞がひどかったが、これからは政府の役人、用件で裁判所、移民局、など来る場合は、公共交通が少ない。アビシット政権でも都市交通の延伸を計画しているが、完成するのは2015年以降だろう。5-6年は渋滞を辛抱すべき。DSC00166Shuttle bus


さて、今回の用件は2つ。
1つはVISAの延長手続きを10/16の面接日を早くしてもらいたい、との要望。
海外からの手紙は準備していたが、往復のエアチケットを見せよ、とのこと。ノンカイまで国内空港とバス、またはルーイ県まで夜行バスに乗る場合は、国際線ではない。帰りもウドンタニから飛行機なら国内線。また、コミッショナーの許可が10/12以降になることから、これは無理。

2つ目は、ラオスとタイを2回往復するため、1回のリエントリービザが有効期限内にあるが、もうひとつ取得できないか、との相談。
こちらは、1回使用してからでしか発行できない、とのこと。
それぞれ担当役人を超えて上司に相談したが、無理とのこと。

DSC00181Officers.jpg

つまるところは、国境でリエントリーが取得できるかどうか、にかかっている・・・・
来週のラオス行きである。
関連記事
スポンサーサイト