バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
タイのバンコクにオーバーブリッジといわれる交差点をまたぐ橋がある
DSC00380.jpg

そのひとつが日本とタイの友好のシンボル。RAMA4世道路がSIROM道路の交差点をまたぐ形になっている。
通称JAPANーThai友好橋である。

1980年代に、日本の無償援助で作られた、と書くとそうなんだろうと思うが舞台裏は別。
O設計が働きかけて、当時発展途上国から中進国入りをしていたタイに無償援助はない、と政府関係者が言い続けていた。
ところが、国王の生誕60歳だったか、慶祝の事業になったため、日本政府として仕方がないので無償援助の対象にした工事である。
当然,O設計は入札に
DSC00378.jpg

残念ながら、日本政府の関係者の逆鱗にふれたO設計関係者は入札には漏れた、らしい。
関係者の後日談である。

周囲は20数年ですっかり変わってしまった。写真のチュラ大の敷地に建つビルも、当初は日本の援助でITビルとなる予定が、主役であった会社が解散。新しく商業ビルになっている。
JAPANーThai友好橋を亘るときは、この過去の歴史を知る人は少ない。
関連記事
スポンサーサイト