バンコクで起業ししたものの、タイ語は難しい・・・日々努力。
歩いてみると近くにあった

大通りから奥まって何かが見えた。
幸いにもゲートは空いているので、入って尋ねることにした。
誰もいない。
奥まっているので小さな声では届かないようだ。

DSC00842.jpg
正面にセメント袋など工事用の資材が置いてあるので、玄関前にあるモダンな建物を手入れしているようだ。
DSC00892.jpg
別の地区の住宅地を歩いたところ、玄関前は緑で見えなかったが奥まって家屋はそれなりの雰囲気がある。
建てた当時と、その後の住まいをした人の住み方が、家の健康状態に影響を与える。
これがTMO事務所から10分以内に
DSC00840.jpg
この建物は、大通りを車で通っている分には見えない。
先ほど説明した、大通りから入ったところの家がこれ。
たまたま正月3日間、タウンウオッチングをして大きな通りから、小さな路地を歩いて事務所近くをすべて見てきた。
新しい発見がいくつもある。
1.路地には独自の文化、雰囲気がある
2.たとえ、新しく住宅地ができても数年後、数十年後の環境を維持するには住む人の意識しだい
3.バンコクには地方出身者が多く、地域地域で出身者が固まる

このことから特定の地域だけの住民の調査をすればそれなりのカラーが出る。
我々の市場調査はこの色が出ることをどの程度意識して、調査の計画をつくるかである。

地方都市でも同じ。
今年の市場調査は設計段階から基本を見直すことにした。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tmotakagi.blog24.fc2.com/tb.php/432-d61af48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック